ループイフダンの評判! 何が特徴?

ループイフダンの評判について、人気の理由とはどんな点なのだろうか。ループイフダンは「IFD注文」を繰り返し行ってループのようにIFD注文を繰り返し行っている自動売買のシステムである。「コツコツ」とこまめに利益を積み重ねるところが特徴となっている。

ループイフダンが高い評判を獲得している特徴

 

≫アイネット証券の口座開設はこちら

約5~10分で申込み完了

 

ループイフダンの業者~約5分で口座開設完了

 

人気の秘密!3つの特徴がある!

 

  1. レンジ相場に強い
  2. 利幅がほぼ決まっている
  3. コストがかからない


「ループイフダン」が高い評判を獲得している理由として、3つの特徴が挙げられる。まず、一定の値幅の範囲内で上下運動を繰り返すレンジ相場でも収益が挙げられ、他の自動売買より利益が安定しやすい。しかも、あらかじめ値幅はほとんど確定しているため、マネジメントが容易にできる。


コストに関しても、アイネット証券側ではスプレッドの分しか発生せず、ひまわり証券でも1万通貨あたり片道108円という安い手数料で取引ができる。初期費用は一切ないことから、誰でも気軽に始められる。これらが、人気を誇る特徴であるのは間違いない。


レンジ相場に強いループイフダン

 

決められた値幅と売買の方向(買いor売り)を選んぶことから、ループイフダンも、特に初・中級者から良い評判を得ているストラテジー選択型システムトレードということができるだろう。

 

ループイフダンを取り扱っているFX自動売買の業者は「アイネット証券」と「ひまわり証券」の2社である。どちらも、ループイフダンの売買システムに関しては同じであり、取引スタイルはまったく同一のルールとなっている。

 

ループイフダンは主に「コツコツ」と少しずつ利益を積み重ねたいと考える人を中心に人気のある自動売買である。「リピート系」の自動売買システムとしてレンジ相場を得意とすることから、少しの相場が大きく動かない時でも良い実績を出すことで、あらゆる相場の環境にも強いとして、特に評判が良い。

 

通常のストラテジーでは、どうしてもトレンドに載ってこそ利益を伸ばせる仕組みとなっている。逆に言えば、レンジではほとんど稼げない。しかし、ループイフダンはレンジでも収益を稼げる傾向があるため、たとえトレンドが発生していなくても、収入が得やすい特徴を持つ。

 

エコトレのループイフダンと特徴について
ひまわり証券 エコトレ「ループイフダン」

利益が決まっている

 

ミラートレーダーなどのテクニカル分析に基づいたストラテジーを用いる自動売買の場合、エントリーやエグジット(手仕舞い)はテクニカル分析によって行われるため、発生する利益は相場の値動きによって変わる。利益が大きい時もあれば小さい時もあるのが、ストラテジー型の自動売買の特徴であろう。

 

一方で、ループイフダンの場合は利益の幅は常に決まっている。「ループ・イフダンB50_50」であれば、利益が発生するときは概ね50pips辺りの利益が出ると約定される。売買プログラムの判断基準は、値幅のみであるため、複雑なテクニカル分析は全く行われないところが良い評判のポイントとなっている。

 

利益の幅が概ね決まっているため、各売買システムの運用成績を見れば、実際にどれくらい勝っていて利益を上げているのかを把握することができる。ループイフダンによる利益の大きさと勝率の値は比例しているため、売買すステムの本当の実力が簡単に把握できる仕組みになっていることで良い評判を得ている。


さらに、ループイフダンの場合は、指定された利幅を選択する仕組みになっているため、自分で数値を設定する仕組みの「リピート系」自動売買と比べて、ストラテジーを決める際に迷うことが少ないだろう。選ぶだけであることから、ミラートレーダーのように完全100%の「選択型システムトレード」という特徴をもつのが、ループイフダンであるのだ。

 

コストがかからない

 

数あるストラテジーの中から好きに選べる選択型システムトレード「ミラートレーダー」の評判が高い要因としては、追加コストがかからないという点が挙げられる。おそらく、自動売買としてのコスト面の安さが高い評判の最大の理由ではないだろうか。

 

アイネット証券のループイフダンについても同じである。売買システム利用料といった追加のコストがかからない。提示されるレートの差以外に金銭を取られることは一切ない。

 

追加の手数料はないのがメリットであり、取引にかかるコストは業者側が提示するスプレッドのみである。コスト面が安いところも、ループイフダンのメリットであり、コスト面の評判は非常に良い。

 

特に、アイネット証券の「シストレi-NET」のスプレッド幅は小さいことで有名で、自動売買業界としては最安値の業者である。すなわち、アイネット証券「シストレi-NET」でループイフダンを行えば、非常に低コストで自動売買を行うことができるのである。

 

ループイフダン以外にも似たような仕組み(コツコツ型)のFX自動売買は他にも出回っているが、スプレッド幅を重視するのであれば、スプレッドの低さで評判を得ているアイネット証券の「シストレi-NET」で取り扱っているループイフダンがよいのではないだろうか。

 

(1)アイネット証券

 


社名 株式会社アイネット証券(英文名:i-NET Securities Co., Ltd.)

設立 平成15年11月6日

資本金 1,100,000,000円(2010年8月27日現在)

 

≫口座開設はこちら

(2)ひまわり証券

 

ひまわり証券【エコトレFX】


社名:ひまわり証券株式会社 (Himawari Securities, Inc.)

設立:2002年2月14日

資本金:4,330,028,128円(20415年7月参照)

 

≫口座開設はこちら


ループイフダンはアイネット証券の自動売買口座「シストレi-NET」を構成するストラテジーの1つ。

 

≫「シストレi-NET」の評価&レビューはこちら


ひまわり証券「エコトレFX」はアイネット証券とライセンス契約しているため、ループイフダンを取り扱っている。ただし、スプレッドは高い。

 

≫「エコトレFX」の評価&レビューはこちら