ループイフダンは「初心者」でもOKだろうか?

≫アイネット証券の口座開設はこちら

(約5分で申し込みが完了)

FX投資の自動取引のツール「ループイフダン」は、資産運用を始めたばかりの初心者であっても何の問題もなくシステムトレードに参加することはできるのか。


一定の値幅ごとに新規と決済の注文を発注していき、コツコツと利益を上げていく仕組みになっているのがループイフダン特徴であるが、まだ十分な外国為替市場に関する知識やコツを身に着けていなくても、安定して収益を手に入れられるのだろうか。


さらに、損失を被る可能性はどれくらいあり、どうすれば評価損が膨れ上がって大損するのを防ぐことが可能となるのか。仕組み上の注意点や収益を最適化するための知恵について述べていく。

簡単!コツは覚えやすい?

 

ループイフダンというFX自動売買はとてもシンプルな仕組みになっていて、ただ設定された値幅ごとに売買を繰り返していくだけのシステムトレードのシグナルとなっている。そのため、他のストラテジーとは違って、中身が完全に理解することができる。

 

求められるコツについても、ただ相場のトレンドを見分ける技術だけであり、これから市場の値動きが上昇トレンドとなるのか、それとも下降トレンドとなるのか、あるいはもみあいのレンジ相場が続くのかを予測して当てるというコツだけである。

 

特に難しい戦術を身に着ける必要は一切ない。相場の方向を予測するためのコツだけを覚えられれば、ループイフダンで安定した収益を手に入れることは簡単であろう。

 

資金力がなくてもOK?

 

ループイフダンは、他のFX業者の自動売買ソフトよりも少額な元金で資産運用ができるような条件となっている。取引要綱を見てもわかるが、特にアイネット証券の「シストレi-NET」においては、ループイフダンも含めてすべて1,000通貨から自動取引ができる。

 

他の業者の場合は5,000、あるいは1万通貨からでしか自動取引ができない例が多いことを考えると、アイネット証券でのループイフダンは少ない元手で投資が可能であることがわかるだろう。

 

実際に必要な資金力は、だいたい10万円くらいである。複数の売買システムやポジション(建玉)を持つことを考えて、さらに証拠金に余裕を持った場合でも、数十万円あれば十分である。

 

リスク管理さえできれば問題なし!

 

最後に、一番大切な行動といえば、裁量でのFX取引と同じように「リスク管理」である。たとえ、評価損が出た時でも必要以上に損失を膨らますことなく、あっさりと損切りして、元手が擦り減らないように心がけることが求められる。

 

コツコツと一定の金額の収益を積み上げていくシステムになっていることから、放置しておいても収益が右肩上がりに上がっていくと思い込んでいる人も少なくない。

 

しかし、評価損をほったらかしにしておくと、いずれは巨額な含み損として許容できないほどの金額となってしまう確率もゼロではない。強制ロスカットの対象となる可能性も十分にある。

 

耐えきれないほど大切な資産を目減りさせたり、強制ロスカットの対象となるくらいの損失を被らないためには、やはりリスクをコントロールして、負け取引を小さい規模に抑えることが大切だ。

 

リスク管理の具体的な方法としては、「マイセーフティ機能」を用いるというやり方がよい。これを利用することによって、予め設定しておいた一定の金額に評価損が達すると、自動的に決済されて損切りされる。

 

売買システムに直接的な損切りの機能が付いていないループイフダンには、絶対に欠かせないリスク管理のツールであることは間違いない。

アイネット証券とは?

 

社名 株式会社アイネット証券(英文名:i-NET Securities Co., Ltd.)

設立 平成15年11月6日

資本金 1,100,000,000円(2010年8月27日現在)

備考:「ループイフダン」で人気

 

≫口座開設はこちら

(約5分で完了)