ループイフダン、口座開設の審査とかかる日数とは?

ループイフダンはFXの自動売買ツールの名称である。アイネット証券とひまわり証券の2社で取り扱っている。前者では「シストレi-NET」、後者では「エコトレFX」という自動売買の口座で利用することができる。

 

口座開設にかかる日数はそれぞれの証券会社で異なることが予想される。審査の内容にも違いはある。

 

とはいえ、いずれの証券会社でも申し込みと身分証明書を提出してから概ね3~5営業日ほどで審査が終わってログインに必要なIDとパスワードが書かれた書類が自宅に届く。

 

ログイン用のID・パスワードから取引画面を開くことができれば、同時にループイフダンによるFXの自動売買を稼働開始させることができる。雑誌やブログで取り扱われている通りのシステムトレードにチャレンジが可能な状態はできたことになる。

アイネット証券

アイネット証券の口座開設においては、まず申し込みの記入フォームに必要事項を記入し、本人確認書類を提出するという流れになる。

 

本人確認書類に関しては、マイナンバーを提出することが必須となる。個人番号カード(マイナンバーカード)を持っているのであれば、提出するのはこれ1枚で済む。

 

マイナンバー通知カード、または個人番号入りの住民票の写しをマイナンバーとして提出する場合、別途身分証明書を出すことが求められる。

 

写真付きの身分証明書であれば1枚で済む。運転免許証や住民基本台帳カード、パスポートが例に挙げられる。写真なしの身分証明書の場合は異なる種類のものが2枚必要となる。健康保険証や年金手帳、印鑑証明書などが例である。

 

これらの提出書類をスキャンコピーするか、スマホのカメラで写真を撮り、アイネット証券宛に送信できれば、申込みの手続きは終わる。あとは審査結果を待つのみだ。

 

そして、3~7日以内にはログインのためのIDが書かれた紙が郵送で自宅に送られてくる。その後メールでパスワードを取得すれば、いよいよアイネット証券の口座に入金できるようになる。入金が終わればループイフダンを使ったFXの自動売買も稼働できる状態となる。

 

ひまわり証券

ひまわり証券【ひまわりFX】

ひまわり証券の場合も口座開設の流れはアイネット証券と同じである。同じくマイナンバーが必要となり、個人番号カードの場合はそれだけで済む。

 

表と裏の両面のコピーをひまわり証券宛に送付して審査を通過すれば、3~5営業日ほどでログイン用の書類が自宅に郵送されてくる。

 

審査と聞くと何か難易度の高い基準をクリアしなければならないように感じるかもしれない。でもそれほど心配する必要はない。少しでも安定した収入が確保されていれば、ほぼ合格できると考えてよい。

 

たとえ、派遣やパートなどの時給制の仕事をしているという例でも簡単に審査に通過できることが多い。落ちる例は、年齢が未成年であったり高齢である場合、もともと持っている金融資産があまりにも少なくすぎる場合などのごく一部に限られる。