ループイフダンで手動決済はできるのか?

手動による決済注文は可能

 

 ループイフダンで目標利益に達していない時でも、強制的に手動で決済注文を出すことは可能である。これは、アイネット証券「シストレI-NET」であろうと、ひまわり証券「エコトレFX」であろうと、手動でポジションを手じまうことはどんな時でもできる。ループイフダンに限らず、どんな自動売買の種類であろうと、自分で強制的に手仕舞いのための注文を出すのは可能であり、少なくとも日本国内の業者では、手動決済ができないようなリスクが大きいものは存在しない。

 

 もし、仮に手動決済ができない自動売買ソフトが存在したらどうなるだろうか。自動場奪のプログラムが正常に稼働している時には、問題はそれほど大きいものではない。しかし、システムの不調や不備で正常に動かなくなってしまった場合にはどうだろうか。手動による決済ができないとしたら、一生ポジションを持ったままになってしまう。相場が次第に、目指している方向とは反対に動き始めてしまったら、含み損がどんどん大きくなってしまうだろう。そうなれば、投資元本がほとんど消えてしまう可能性も大きくなる。したがって、手動で決済できないようなリスクがとても大きい自動売買は存在しない。

 

どんな時に手動決済する?

 

 ループイフダンで手動による決済を行う時とは、損切りを目的にポジションを手じまう時がメインであろう。ループイフダンにはそもそも「損切り」あるいは「ストップ・ロス・オーダー」という機能が存在しない。これにより、含み損はどこまでも大きくなる確率もゼロではない。

 

 とはいえ、1回の取引や1つの売買システムで過度に損失や元本割れのリスクを容認するわけにはいかない。耐えることができる損失の額には限度がある。そこで、損切りの意味合いでポジションを手じまうために決済注文を自ら出す必要がある。

 

 また、相場が今後大きく動く可能性があることを前もって予想できるときにも、積極的にポジションを取るべきではない。FX取引を始め、投資活動ではなるべくリスクを取らないことが求められる。そこで、これから予測できない事態が起こり得る可能性が高いと判断できる時には、一度ポジションをフラットにするのも1つの戦略である。