ループイフダンの最低取引通貨単位

 ループイフダンを取り扱う自動売買のFX会社は2社あるが、最低取引通貨単位は異なる。アイネット証券の場合は最低1000通貨で売買が可能である一方で、ひまわり証券のシステムトレード「エコトレFX」のループイフダンでは、最低1万通貨からの取引が条件となっている。


何通貨から取引できるのか?

 

アイネット証券は1000通貨

 

 ループイフダンのオリジナルの業者であるアイネット証券の場合、最低1000通貨という少額での取引が可能となっている。自動売買を取り扱うFX会社の中でも、1000通貨取引が可能である業者である。

 

 もちろん、ループイフダンに限らず、「シストレI-NET」の売買システムをすべて最低1000通貨で自動売買に参加することが可能であり、ストラテジー型の売買システムも含む。このように、少額資金で自動売買に挑戦できる点は大きなメリットであろう。


 ところで、アイネット証券以外で1000通貨以下での選択型システムトレードによるFX取引ができる業者は、トレイダーズ証券・みんなのシストレの「コピートレード」くらいである。リピート系の自動売買では、「トラリピ」が同じく少額での参入が可能である。ミラートレーダーを採用する自動売買の会社では、最低5000通貨(5K)であることから、やはり少額資金でもよい会社といえば、アイネット証券ではないだろうか。

 

ひまわり証券「エコトレFX」は1万通貨

 

 「エコトレFX」を含み、ひまわり証券のFXではすべて最低取引通貨単位が1万通貨となっている。このため、少額資金で取引しようと考えている人にとっては向いていないだろう。

 

 どのような人に向いているのかというと、まずはトレードのための資金が100万円以上ある人である。レバレッジという制度は存在するが、1つあたりの取引に使用する元本となる資金についてはレバレッジを1倍~3倍を基準に通貨量を考えるのが好ましい。もし、資金量が100万円以下の人は、1000通貨以下で取引ができるFX自動売買の会社を選ぶのがよいのではないだろうか。

 

 「エコトレFX」ならではのストラテジーを利用したいと考えている人についても、ひまわり証券が向いているである。ポートフォリオジェネレーターなどの機能も豊富であることから、ストラテジー型の自動売買も合わせて利用したいと考えているのであれば、ループイフダンがどちらかとメインになっているアイネット証券よりも、こちらも方がよいだろう。