ループイフダンのレバレッジは最大で何倍?

 FX取引とは、「外国為替証拠金取引」のことを表す。証拠金取引とは、レバレッジをかけた資産運用のことを指す。つまり、FXの自動売買であるループイフダンもまた、レバレッジを利用してシステムトレードを行うツールなのだ。では、必要資金はどのくらいであり、どれくらいのレバレッジをかけることができるのか。


最大レバレッジは25倍

 

 日本国内のFX会社ではすべて、かけることができるレバレッジは最大で25倍で、必要な証拠金維持率は4%である。これは、「外為法」という法律によって定められていることであり、25倍を超えたレバレッジを利用できる業者が存在するとすれば、それは海外に拠点を置く業者であるか、もしくは違法業者であろう。自動売買についても、取引対象は外国為替であるため、レバレッジ25倍の規制は適用される。

 

そして、ループイフダンを取り扱うアイネット証券とひまわり証券はどちらも日本国内のFX会社であるため、日本の法律は完全に適用される。したがって、ループイフダンも最大レバレッジは25倍であり。個人投資家はそれを超えて大きなレバレッジを利用することは不可能である。

 

25倍と考える必要はない

 

 最大でかけることができるレバレッジ25倍ではあるが、現実的にはトレーダー自身が取ることができるリスクには限度がある。すべての元本を失う可能性を残してまで、膨大なリスクを取って資産運用を行うわけにはいかない。よって、レバレッジ25倍を前提に考えるべきではないのである。

 

 そもそも、レバレッジを最大限に乗せて取引する売買スタイルは「スキャルピング」のような超短期的売買の手法に限られる。それほどまでテコの原理を利用してまで資産運用を行うのは、一部の取引スタイルだけであり、それ以外には絶対に行ってはいけない。普段からレバレッジを最大にしてまで取引するのはあまりにも破産のリスクが大きすぎる。そして、ループイフダンも例外ではない。

 

 日本国内に存在するFX会社であれば、どんなところでも25倍まではレバレッジというテコの原理を使って外国為替取引を行うことができる。しかし、だからといって最大限にレバレッジを意識するのは、ただリスクを大きくするだけにしかすぎず、収益をあげたいのであればやってはいけない。証拠金維持率の下限である4%よりも高めに維持するのが好ましい。