【iサイクル注文】両建ての手法は儲かる? 利益は出る戦略?

外為オンラインのFXの自動売買「iサイクル注文」において、両建ての手法を使っている人は多いのではないだろうか。ある通貨ペアで買いからも売りからもポジションを持つ取引スタイルにはメリットがあるのは確かだ。

 

「両建て」というのは、買い・売りの両方の方向のポジションを同時に保有するFXのやり方であり、裁量取引のみならず、iサイクル注文でも採用している人は多い。

 

iサイクル注文にはデフォルトでは自動的には損切りされないようになっている。勝手に評価損が損失として決済されるようにはなっていない。

 

このため、両建てにすれば買い・売りのどちらかの方向のポジションで一定の値幅ごとに利食いが行われて利益が積み重なっていく。

 

トレンドが発生している場合であってもレンジ相場で一定の範囲内を上下しているような相場状況になっていても、両建てであればどちらかのポジションでは新規・決済をリピートしていくことにより利益が上がるのは確かだ。

 

片方の方向、例えば買い方向でしかポジションを持っていない場合、下降トレンドに相場が入ってしまうと収益はほとんど出てこなくなる。ただ評価損がひたすら拡大していくのみであり、収益どころか損失だけが増えていくだけとなってしまう。

 

マーケットがどんな値動きをしても、収益が一定の値幅ごとに発生していくというメリットを持つのが「両建て」という手法であるのだ。

デメリットもあるのは事実

ただし、両建て手法にはデメリットがある。具体的な内容は以下のことが挙げられる。

 

  • マイナススワップ
  • 評価損(含み損)が増える
  • 証拠金が多く必要とする

 

特に最初の2つの影響は無視できない。各通貨ペアにはスワップポイントという金利差があるが、通常はプラススワップよりもマイナススワップの数値の方が大きい。

 

たとえば、米ドル/日本円では10,000通貨あたり買いで+1円、売りで-2円となっている。両建てすると+1-2円ということで相対的に-1円のスワップ金利を負担しなければならなくなる。これは両建てでポジションを持っている限り毎日発生する。

 

また、利食いしているポジションとは反対の方向のポジションでは評価損(含み損)が拡大していくことになる。トレンドが発生している場合はなおさらだ。

 

買い方向では利食いが重なって利益が出たとしても、逆の売り方向ではひたすら評価損が拡大していくわけだ。

 

通常の片方でしかポジションを持たない手法であれば損切りを行ってリスクを一定に限定させるという手段に出られるが、両建てではただトレンドが方向転換するまでじっと待つしかない。

 

証拠金が不足するようになればロスカットにもなりかねなくなる。相場状況に損益譲許うが左右されにくいという性質を持っている両建て手法だが、リスクが小さいわけではないのは確かだろう。