「iサイクル注文」、必要な資金の金額はいくら?

外為オンラインの人気のFX自動売買ツールである「iサイクル注文」において、必要な資金はいくらくらいなのか。もちろん、各通貨ペアによって具体的な金額は異なってくる。米ドル、豪ドルなどの通貨であれば少ない資金力でも問題ないが、ユーロや英ポンドとなると求め割れる証拠金はやや大きくなる。

 

「iサイクル注文」の特徴として、最低1,000通貨からFXの自動売買ができる。これによって、多くの通貨ペアでは5,000円前後の証拠金さえあれば取引できる。多く見積もっても10,000円あれば十分取引に参加することは可能である。

 

しかし、実際には複数のポジションを同時に保有することも考えられる。あるいは、複数の通貨ペアのポジションを持つというやり方も考えられる。このため、最低限度の証拠金の金額分の資金のみでiサイクル注文に取り組むのは、現実的には難しい。

 

ある程度の資金力があってこそ、初めてまともにiサイクル注文による自動売買のFXにチャレンジできるといっても過言ではないだろう。また、余裕のある範囲内で資産を運用することも重要だ。

10万円あればOK!

FXに回せられる資金力として10万円前後が1つの目安となるだろう。これくらいの資金があれば、証拠金に余裕を持つことができ、多少のドローダウンが発生した場合であっても強制ロスカットにはならずに済む。

 

レバレッジは最大25倍となっているが、この最大限までレバレッジに頼った取引を行うのはかなりリスクが高くなる。1万円以下の余裕資金しかない中で、FX取引を行うのはかなり危ない。少しの含み損の発生でも強制ロスカットになって一瞬にして元手資金が吹き飛ぶことになる可能性も出てくる。

 

加えて、複数のポジションを同時に保有するとなると、さらなる証拠金の余力が必要となる。より効率的に資産を運用するためには、一度に2つ以上のポジションを持つという手法も大切になり、戦略的にも好ましい。そして、これを実践するためには最低限度の証拠金に値する元手資金だけでは足りない。

 

しかも、iサイクル注文となると完全なシステムトレードとなるため、どれくらい証拠金に余力があるのかが把握できにくい状況になりやすい。自分資金が直接取引の判断を下していないことから、どうしても資金管理が疎かになるやすいのも事実だ。

 

だからこそ、資金力に余裕を持つのが重要となる。仮に最低取引数量である1,000通貨による取引を行うとしても、10万円程度の元手資金はほしい。10万円という金額こそが、安心してiサイクル注文に取り組める基準ではないだろうか。

iサイクル注文

 

運営会社:外為オンライン

サービス開始:2014年10月

種類:リピート系

 

≫口座開設の申し込みはこちら