利確が早いと感じる?

利確が早いと感じる

 

 相場を張り、利益が出たので利確を行ったが、その後にさらに相場が急騰してもっと利益を狙えた機会を逃したと感じる人は少なくない。このような、さらなる利益が得られた機会を逃してしまった場合、自分の「利確が早すぎた」と感じる人は数多くいることであろう。


 しかし、これはあくまでも感情でしかなく、自分が利確した後に、さらなる利益を得る機会があったということは、あくまでも結果論でしかない。

 

 自分のトレーディング・ルールに基づいた利確ラインに達したために利確を行ったのなら、問題はまったくない。利確の基準ラインと損切りの基準ラインを持ち、そのルール通りに実行したのなら、自分の判断には何の間違いはないのである。


 大切なのは、トレーディング・ルールという戦略通りに売買判断を行うことであり、可能な限りの利益を追い求めることではないのである。

 

利確後の値動きは「結果論」

 

 利益が出たことで自分のトレーディング・ルールにおける利確の基準に達し、そうなれば相場から離れるわけだ。その後の値動きを気になるのは仕方がないことであるが、相場を張っていない自分にとっては、それはもう何の関係もないことである。


 手仕舞い後の相場は、もちろん自分の戦略として想定していることではなく、どのような動きをしたとしても、それはあくまでも結果論でしかない。したがって、たとえ手仕舞い後に利益を狙えた機会が起こり、機会を逃したという「損した気分」になったとしても、実査には得も損もしていないのである。

 

 場合によっては、トレーディング・ルール通りに利確した後に相場が反転することもあるであろう。このようなときは、自分の判断が正しかったと感じ、「得した気分」になるだろう。もちろん、この場合も感じ方の問題であり、手仕舞い後の結果論でしかない。

 

 利確後の相場の値動きがどうであれ、自分のトレーディング・ルールを忠実に守り、それによって利益を得ることができれば、自分の戦略と判断は正しいのである。むしろ、さらに利益を得られそうだと思ったからといって、トレーディング・ルールを無視して賭けに挑戦することはとても危険である。しかも、それによって損失を被ったとしたら、その行為は自業自得のほか何でもない。

 

堅実にトレードする

 

 相場の一定の方向への値動きの流れであるトレンドを、端から端まで狙うことは不可能な技だ。もし、それをやろうとすれば、逆に損失を被る可能性が高く、せっかくのチャンスが台無しになってしまう。


 「頭と尻尾はくれてやる」という相場の格言が存在するが、まさにそのとおりである。大切なのは、資産運用を通じて利益を得ることであって、可能な限りの莫大な儲けを狙おうとするギャンブルを行うことではない。

 

 過度に相場の値動きを狙おうとするのではなく、自分のトレーディング・ルールに基づいた投資活動を行い、堅実に資産を増やすことが大切なのだ。トレーディング・ルールとは、利益を長い期間に渡って増やし続けることをルール化したものだ。


 トレーディング・ルールを守ることは、そうではない状態よりも利益を得る確実性が高い。そして、その優位性のある根拠に基づいた判断を下すことの方が、無理な賭けに出ることよりも合理的な選択肢であろう。