FXで本当に負けている人とは?

 FXで負けている人とは、どのような人を指すのか。「負ける」の基準は何か。損失が出ることは資産運用の性質上回避することはできない。したがって、どのくらいの損失が「負ける」目安なのかはあいまいで、資産運用で損失を出し続けている「負けている人」の定義についてを考えている人は少なくない。

 

勝つ方法を実行しているのに勝てない

 

 「負ける」とは、率直に言えば、ある取引で損失決済を出してときのことである。すなわち「勝てない」という意味であるのは誰でもわかるだろう。


 しかしながら、FXや株式売買、あるいは投資信託でさえも、銘柄を買った時と売ったときの差益がマイナスであり、すべての資産運用の投資対象で永遠に利益が出るプラス決済に持ち込むことは絶対に不可能なことである。


 仮に絶対に利益が出せるとすれば、世界中のすべての投資家やトレーダーたちは無限に利益を手にして、資産を作り上げ続けているはずである。

 

 ここでの「負ける」とは、何度も何度も取引をしているが、一向に利益が出ずに資産が増えない人のことを指す。たとえ、プラス決済が何度か経験しているとしても、全体の資産が減っているのであれば、その人は「負けている人」である。つまり、長期的な資産運用の成績において、損益がマイナスになっている状態のことを指すのである。

 

 負ける方法はいくつのある一方で、負けている状態・勝てない状況から脱出する方法も存在することは事実である。現に勝てない状況にある人は少なからず、この負けている状態から脱出するための方法を多くの人は真っ先に考える。


 だが、まずはその「負けている状態」になっている根本的な原因がないかを確かめなければならない。負ける理由を自ら作っていては、それだけ負ける可能性を高めていることになる。なので、自分が「負けている人」であるのであれば、まずは以下の3つの項目をチェックするべきである。

 

トレーディング・ルールを守っている

 

 トレーディング・ルールを作らずに、その時その時の気分や感覚で取引する人が少なからず存在する。トレーディング・ルールがない場合、取引時に本当に自分が取ろうとしている手法が勝てるものなのかが分からない。


 ルールがないということで、自分の手法については検証していないという意味だ。検証が不十分であれば、当然ながら勝てる可能性が高いかどうかも「不明」となってしまう。よって、トレーディング・ルールがない状態であれば、まずはトレーディング・ルールを作ることから始めなければならない。

 

 一方で、トレーディング・ルールがあり、いつもそれに従って資産運用をしているにもかかわらず、資産が一向に増えずに負け続けているという人も存在する。このような人たちは、本当に負けている人と定義できる。


 トレーディング・ルールに基づいていつも取引しているのだから、ルールを守るという自己管理については特に問題はない。したがって、負けている理由はこれとは別にあり、負けている状態から抜け出す新たな方法を考えなければならないグループである。

 

リスク管理を行っている

 

 リスク管理とは、負けた時の対処法を持っている状態のことを指す。自分のトレーディング・ルールに基づいて取引しているが、それでも負けてしまった時の対処法が、このリスク管理であるのだ。


 リスク管理において、どのような状態になったら損切りを行い、どうやって損失の規模が拡大してしまうのを防ぐか、その具体的な方法を考えて、実行することが求められる。

 

 しかし、リスク管理についてもしっかりとやっているが、多くの取引ではリスク管理の方法を実行せざるを得ない状況になってしまう、という状態に陥っている人がいる。


 この場合も、リスク管理については特に問題はないことが多く、他に「負けている」原因が存在することが考えられる。したがって、もし自分のリスク管理の方法に問題がないのであれば、他に問題がありそうな事象を突き止めなければならない。

 

長期的に負けている

 

 負けているといっても、その「負け」の期間の長さによって状況が異なる。それが短期的に損失が出ている状態なのか、それとも長期的に損失が拡大している状態なのか? 短期の損失と長期の損失では、性質が異なり、対処法も異なる。

 

 短期的に負けている場合、それは自分の手法に問題がある場合のあるのだが、偶然性による負けである可能性が高い。また、負けている期間が短いと言うことで、その原因を検証することも難しい。したがって、短期的な損失については、「本当の負け」とは必ずしも言えない。


 一方で、長期的に負けている場合、その損失の原因を突き止めるのは難しくはない。偶然性による損失よりも、何らかの問題が自分のやり方にあるために負けていると考えられる。長期的に損失が拡大する状態であることに加えて、トレーディング・ルールやリスク管理の方法を確立しているのであれば、他の問題と解決法を見つけなければならない。

 

 負ける理由を理解し、自分自身にそれが当てはまっているかどうかを確認して、それがあるのであれば、まずはそれを改善することが第1の解決法だ。もし、自分に問題が見当たらないのであれば、次にやるべきことは、負けている状態から脱出する方法である。


 負けている状態から脱出する方法を考えて、それを実行したからと言って、絶対確実に負けないようになるわけではないが、新たな方法を考えて実行することを繰り返していけば、それだけ利益へと結びつく可能性が大きくなる。