FX自動売買でも勝てない7つの心理とは何か?

自動売買であっても、一向に収益を上げることができずに勝てない人はたくさんいる。なぜ、そうした「負け組」は自動売買で資産を増やすことができないのか。そんな理由には、心理的な原因が多く含まれるかもしれない。



7つの心理

  1. ストラテジーに対する怒り
  2. 手動決済したくなる心理
  3. 早くストラテジーを入れ替えたい
  4. 自動売買が怖い
  5. 勝てないと考えてしまう意識
  6. 自分だけは大丈夫
  7. 絶対的な勝てる方法があると信じる

 

1.ストラテジーに対する怒り

 

ストラテジーが少しのわずかな含み損や損失を出した時であっても、そうした状況に怒りを感じてしまうのが、1つ目の心理である。


シグナルが当たらずに負け取引が、どんなに少ない回数や金額しか出していなかったとしても、利益が出ていないことにイライラしてしまうのが、勝てない人の特徴である。

 

彼らの考え方としては、自動売買である以上は、勝てるのは当然のことであり、損失が発生する結果などはあり得ないという思いを持っている。しかし、どんな自動売買のシステムであっても、含み損や損失結果を発生させない不滅の状況などは絶対に実現不可能な成績である。

 

2.手動決済したくなる心理

 

含み益が少しでも発生すると、わずかな損であっても損失が出ないうちに、利益を確定させるために手動による決済注文を出したいという心理になるのが、勝てない人の2つ目の心理である。

 

わずかな含み益でもそれが発生すると、もはや負ける結果を招く可能性が存在するストラテジーに、それ以降もポジションを持たせておくことに不安を抱くのが、彼らに当てはまる心理的要素である。


だが、継続してストラテジーのシグナルに従っていくのは、何らかの戦略に従って取引を進めていくには大切である。戦略に沿った売買を繰り返していくことで、結果として収益を最大化できるのだ。

 

3.早くストラテジーを入れ替えたい

 

たとえ1回でも利益が発生すると、後に損失決済を経験したくないために、ストラテジーを入れ替えたいと思うのが、勝てない人の3つ目の特徴だ。


一度の収益を得る喜びを感じてしまうと、それをいつまでも持ち続けていたいために、同一のストラテジーで絶対に損しないために、新たに別のものと入れ替えたい心理になる。

 

一方、損失が出た場合でも、その同一のストラテジーではさらなる損失を被るという悲しい思いをしたくないという気持ちからも、別のものと入れ替えたいという気分になってしまう。

 

しかし、ある程度長い期間に渡って何度の取引結果を積み重ねなければ、本当の収益力を見通すことはできない。コロコロと頻繁に取引スタイルとなるストラテジーを変えるのではなく、同一のものを使い続けることに大きな意味があるのだ。

 

4.自動売買が怖い

 

自動売買というシステムそのものが怖いと感じる人も、システムトレードで勝てない人の中には少なくない人数が存在する。自動化されば取引システム自体に不信感や不安感を抱いてしまい、求められているトレード活動をなかなか行動に移せないのが、このタイプの人に当てはまる事実である。

 

たとえ、ストラテジーの選び方や、どんな場合にそれを止めて、別のものと入れ替えるのかといった具体的な手法に加えて、取るべき適切なポジション数を理解していたとしても、自動売買で本当に投資資金を失ってしまうリスクを想像すると行動を起こせない状態でいるのが、そうした人々に当てはまることである。


もちろん、損失を被ればそれだけ元手は減り、自身は少なくないダメージを受けることになる。そのため、リスクへの対策を行うことは大切であり、それは損失を避ける行動を取ることを意味する。


しかし、損失を恐れるあまりFXでポジションが取れなくなってしまっては、利益を上げることも不可能になってしまう。ある程度は恐れずにFXの自動売買に取り組むこともまた必要である。


5.勝てないと考えてしまう意識

 

自動売買であっても、損失というリスクは必ず存在する。しかし、そうしたリスクに対して過剰に反応してしまい、負ける可能性が絶対にある以上は「勝てない」のではないかと深く思い込んでしまうのが、収益を上げられない人の特徴でもある。

 

「リスク」や「損失」、「元本割れ」といった、投資活動に存在する危険性を必要以上に意識してしまって、自動売買を実際に始めることができず、たとえ始めたとしても、ポジション数や使うストラテジーの数を増やすことができない。極めて消極的なトレードになってしまうのが、リスクに対して過剰な意識を持っている人の共通点となっている。

 

6.自分だけは大丈夫

 

リスクを過剰に意識する人とは反対に、リスクを過小評価する人も存在する。このタイプの人は、自分だけはあまり損失を被ることなく、着実に収益を上げることができると思い込んでいる。


たとえリスクが存在する事実を把握していても、実際にはそうした事実を信じることなく、極めて楽観的にトレードの参加してしまうのが、「自分だけは大丈夫」と意識している人々の共通する点だ。

 

しかし、どんな人にも投資元本を減らしてしまう可能性は必ず存在する。特定の人にはリスクがないという現象などはこの世にはない。したがって、しっかりとしたリスク管理を行わねければ、いずれは「勝てない」ようになってしまうのである。

 

7.絶対的な勝てる方法があると信じる

 

絶対に収益を最大限に得られる方法や手法がこの世には存在すると信じて、ひたすらトレード手法だけを考えている人も存在する。自動売買においては、100%利益を生み出すストラテジーやそれを選ぶ方法があると思い込み、それを見つけることだけに集中してしまう傾向にある点が、勝てない人の7つ目の特徴である。

 

しかし、実際に取引に移らなければ、そもそも収益を稼ぐことは不可能である。また、運用管理についても大切になる。したがって、手法だけを見つけることだけに集中するのは、とても非合理的な行動である。

 

自動売買という投資活動を積み上げることによって、徐々にトレード技術を身に着けることができるのではないだろうか。

一押しのFX自動売買

セントラル短資FX「セントラルミラートレーダー」

 

Tradencyのミラートレーダーを採用。スプレッドが小さいのが特徴。ヘッジファンドストラテジーという独特のプログラムも人気。自動売買ではないが、ウルトラFXも人気。

 

インヴァスト証券「シストレ24」

 

ミラートレーダーを取引プラットフォームとする自動売買の口座であり、ストラテジーの種類数が豊富。支援ツールをはじめとする機能が満載。

 


自動売買が使えるネット証券7社の比較!!

 

自動売買の中でも「選択型シストレ」に分類されるシステムトレードを比較する。それぞれ何が利点であり、欠点とはどんなところなのか。