自動売買で消極的になる心理

 ミラートレーダーやMT4などの自動売買でFXトレードをはじめた後、2,3回損失という不幸な結果を受けてしまうと、「自動売買を使っても一生利益を稼ぐことができないのではないか」というような予感がするかもしれない。自分では直接取引を行っているわけではない点から、ストラテジーのロジックが損失決済を出しているところを目にすると、本当は自動売買という仕組みのツールは勝てないものなのではないかと疑問視することもあるだろう。


 このように、自動売買を使った資産運用に消極的になることで、それ以後はほとんど自動売買にチャレンジしないようになってしまうケースは少なくない。損失が増える可能性があることで不安感を感じ、ポジションを過度に抑えがちになってしまうのである。


資産を増やすために

 

 資産を増やすためには、自動売買を使ったトレード活動を通じて利益を稼ぐ必要がある、利益を上げるためには、自動売買に挑戦し続けなければならない。したがって、積極的にシステムトレードを用いてポジションを取ることが求められるのである。

 

 負ける経験をしてしまうと、それ以上損失決済に不安を感じてしまうのは決して不思議な気分ではない。しかし、損失が発生することはあくまでも利益を得るための過程である。負けるのは避けられない。収益を上げることを目指すためには、損失が出るのは当然のことであり、損する状態をある程度は許容できるようにならないといけない。

 

 負ける経験が絶対に回避することができないという投資の世界の性質から、たとえ利益が自分の思い通りに出ない状況があったとしても、それに対して不安に思わないのが大切なのである。

 

積極的に自動売買に挑む

 

自動売買を始めた最初の頃は、起こり得るリスクに不安を感じてしまうのは仕方がない。しかし、そうした不安の中でも積極的に自動売買を続けていくことで、目指しているまとまった利益を手にすることができるようになるのだ。消極的になるのは非合理的であろう。

 

 もし、あなたが自動売買を何度か体験して損失が発生する経験をして、現在は自動売買に対する不安感を抱いているのであれば、まずは、もう一度しばらくはトレードを続けてみてはいかがだろうか。そうすれば時間が経てば、ストラテジーの実力が次第にはっきりと出現し、収益を上げる結果を経験することができる。


 勇気を絞ってミラートレーダーやMT4などに挑戦し続けることでこそ、収益は少なからず手に入る。何もしなければ、いつになっても利益を上げることは不可能である。とにかくミラートレーダーやMT4などの自動売買を利用し続けることが重要なのである。