負ける人の共通点5通り! [FX自動売買]

FX取引の自動売買で負ける人の共通点5通りを取り上げる。損失を出し続けるという負ける人、あるいはなかなか勝てない人には、どのような共通点や特徴があるのか。利益を上げられない人の共通点・特徴に関して興味を持つ人は多いことであろう。


自動売買で負ける人の共通点5通り

自動売買で勝てない人とは?

 

「負ける人の共通点5通り」では、ミラートレーダーやMT4などで負け続けてしまって勝てない人に当てはまる5つの共通点についてを解説する。もし、これらの負ける人の共通点に当てはまる事項があるのであれば、速やかに自分のトレード・スタイルを見直してほしい。

 

1.一度の負けが大きい

 

負ける人の共通点の1つ目は、1回あたりの損失が大きいという点である。負ける人の多くの場合は、狙っている利益に対して、負けた場合に損切りする損失が大きい。つまり、リターンに対してリスクが大きすぎるということである。

 

「リスク>リターン」というトレードスタイルは、言葉を変えれば「損大利小」のやり方である。ふつう、利益が出た時は小さく勝ち、損失が出た時には大きく負けるやり方をする目的としては、高い勝率を求めることであろう。

 

しかし、勝率はあくまでも1度のトレードで勝ったか負けたかの結果を表した指標に過ぎず、合計損益を表すものではない。つまり、本当に勝ったのか負けたのかを表す指標ではないということである。

 

では、なぜ負け組の人々は、高い勝率にこだわるのか。その理由は、心理的なものであり、損失が出て負けるのを恐れるからである。損失を恐れるために、自分の相場予測と逆の結果になっても損失を無視し、含み損が回復するのを待つ選択をしてしまう。そして、次第に含み損が拡大して、さらなる損失を抱え込んでしまうことによって、結果的に大きな損失を出すことになるのである。

 

2.損が出るとポジションを増やす(ナンピン)

 

損切りができない人の中で、さらに最悪なのが、損失が出ればさらなるポジションを取って含み損を抹殺しようと試みる行為である。通常、この行為は「ナンピン」と呼ばれる。「ナンピン」を自分の戦略、トレードスタイルとして行う人が存在することは確かである。

 

だが、負け組の多くは、こうした戦略的に行っているわけではない。単に、出した含み損に対してマイナスな感情を持ち、自棄になって追加のポジションを持つ行動に出てしまうのである。

 

負け組の人々は、「ナンピン」を戦略的に行うわけではないことから、実際に「ナンピン」したところで利益が出る根拠はどこにもない。それよりも、あっさり損切りを行って、損失を抑えることの方がかなり合理的な判断であろう。


しかし、その損切りを行うことが心理的な負担であると感じてしまうために、より大きく負けてしまう人が多いのである。

 

3.手法の分析を怠る

 

負ける人の3つ目の共通点は、自分の手法の分析を怠るという点である。勝ち組、負け組を問わず、トレードを行うほとんどの人はチャートに目を通す。だが、チャートをもとに分析を行う人は意外に少ない。そして、負け組の多くの人の特徴としては、チャートを見ても分析を行わない点が挙げられる。

 

負け組の多くは、チャートを見て勘でトレードを行おうとする。また、自分のトレーディング・ルールを持たない。すなわち、トレードを行うにあたっての戦略を持たないのである。

 

トレーディング・ルールを持ち、戦略を事前に決めておくことで一貫したトレードを行うことが可能になる。一貫性のあるトレードには、当然ながら利益がでるであろう根拠が存在し、利益を得やすい状態を作り出すことにつながる。

 

逆に、トレーディング・ルールを持たないということは、手法を持たず、分析も行わないことを意味する。手法の元となるチャート分析を行わないことで、トレードを行うにあたっての判断材料となるのは「勘」のみになってしまう。


こうして、「勘」に頼り、トレードの分析を行わないために、勝てる根拠はどこにもないのである。

 

4.短期的な結果に固執する

 

負ける人の4つ目の共通点は、短期的な結果に固執する点である。負け組の多くは目先の結果にこだわり、短期的な値動きを大いに気にする。


1回1回の取引の勝ち負けに大きく心理的に左右され、1回でも勝てば大いに喜び、1回でも負ければ大きなショックを受ける。この結果、トレードの目的が短期的に利益を上げることになり、長期的な結果を疎かにしてしまう。

 

短期的な結果を重視することは、大きなストレスの原因になる。1回でも負ければ大きなストレスが溜まり、すぐにでも出した損失を取り戻そうと考え始める。出た損失を取り戻すことを直ちにやらないと気が済まなくなる。

 

そうした考えによって、勝てそうな根拠がない状況であってもポジションを再び取る行動に出て、また負ける経験を行ってしまう。たとえ勝てたとしても、負けた時のストレスの大きさは変わることはなく、次第に負ける状況に陥ってしまうことが多い。

 

そして、短期的な結果を重視することで、負けを何度も経験することによるストレスはたまる一方となり、永久に利益を伸ばすことができなくなってしまうのである。

 

5.感情をコントロールできない


負ける人の5つ目の共通点は、自分の感情をコントロールできない点である。損失が出て負けてしまった場合に、過度に落ち込む人が多いが、感情を近尾ロールすることができていないという状態はこのことを指す。負けたことに対して悪い感情を抱くことで、次のトレードにも悪い影響を与える。

 

自分の手法にも勝てる自信を失ってしまうために、トレードの一貫性を失うことにつながることもある。そうした結果、優位性のあるトレーディング・ルールを持たなくなり、トレードで勝てない状態に陥ってしまうのである。

 

また、数回負けトレードを経験することで、資産運用という目的意識を失ってしまうことがある。損失が出たトレードを経験することにより、本当にトレードを通じて資産を増やすことはできないのではないかと疑うようになり、トレード活動から撤退してしまう人もいるようだ。

 

したがって、トレードで利益を上げるためには、自分の感情をコントロールし、心理的な負担を抱え込まないように心掛けなければならない。感情をコントロールすることができない状況が続けば、また1つ負け組と同じ共通点を持つことになってしまう。