自動売買も長期運用での成績こそ大切!

 自動売買においては、本当に参考にするべきデータは、長期運用での損益成績である。よく短期間で得られた結果をもとに、自動売買で選ぶプログラムを決定する人が見られるが、これは「負け組」に当てはまる特徴であり、勝ち組の人々はより実力がはっきりしている長期運用による成績を重視する。


短期成績の何が問題か?

 

 短期的であれば、どのような損益結果にでもなりうる。たとえば、1週間や1か月といった短期運用によって得られた成績の場合には、たまたま発生した損益結果が大きく反映されてしまう。偶然良い成績が何度か出れば、良い運用成績となる一方、悪い結果が少し出ただけでも最悪な成績となってしまう。

 

 短期的な成績の場合、そもそもデータの元となる取引の回数が少ない。より数日~数週間といった短いスパンで見た成績であればあるほど、取引回数も少ない。そして、参考となるデータが少なければ、たまたまの偶然で得られた結果に左右された成績となってしまうのである。

 

長期的なスパンを重視する

 

 長期的な運用成績になれば、取引回数も多くなり、損益成績のもととなるデータの数が増える。このことにより、自動売買のストラテジーの実力が反映された成績が得られる。ここで、もし良い成績が出たのであれば、それは収益力が十分に存在するプログラムであると判断できるだろう。

 

 このように、長いスパンで自動売買の結果をとらえることが、ユーザー自身が自動売買のプログラムを選ぶ際にはとても大切になる。そして、参考にするべき資料とは、短期的なものではなく、長期運用による成績なのだ。より実力の反映された資料こそが、自動売買で成功するための必要不可欠な道具となることは、言うまでもないだろう。

 

 しかし、実際には多数の人々が短期的な成績を重視して自動売買に取り組んでしまう。なぜ、長いスパンで見た結果が重要にもかかわらず、軽視してもよい短期成績を重視してしまうのか。それは、多くの人が短期的に直ちに利益を上げたいという願いをもっているからである。

 

 長いスパンで冷静に損益結果を検証することができない人は、長期運用したときに得られる収益を待つことができないのだ。どうしても自動売買を始めてすぐに結果が出ることを求めてしまうために、あえて短期スパンによる運用成績を気にするのである。

 

 こうして、即効性を追求したくなる心理から、数週間~数か月といった短い期間でも損益結果を、自動売買のストラテジー―の実力を表した結果を見なしてしまい、長期運用による成績に目を向けないのである。

 

 しかし、ただ短い間における実力といっても、それは本当の真の自動売買の収益力を反映された資料ではない。それだけ見ても、各プログラムの実力は「わからない」という情報しか読み取れない。そして、「わからない」のまま、そのプログラムを稼働してしまうために、失敗して負け組の仲間入りを現実のものとしてしまうのである。