ミラートレーダーにリスク管理は絶対だ!!

 ミラートレーダーは自動売買であるとはいえ、リスク管理は100%絶対に必要になる。字自動的に取引が行われるのは事実であるが、取引そのもの以外はすべて手法で行わなければならない。したがって、そういった手法で行う行動で正しいリスク管理を行わなければ、大きな損失へと至ってしまう危険性があるのだ。

 

自動売買なのにどうして

 

 売買そのもの(新規注文と決済注文)については、裁量取引とは違って自動化されている。しかし、ストラテジーを選んだり、止めたり、入れ替えたりするのは何であろうか。それは人間である。ストラテジーを選ぶのも、止めるのも、新たに別のものと入れ替える行動を取るのはすべてユーザー自身という「人間」なのだ。したがって、ミラートレーダーにおいては、ストラテジーの選び方、運用を停止させる基準、ポートフォリオを入れ替える方法や頻度によって、現れる結果は変わってくる。すなわち、行っている方法次第では、リスクの大きさも違うのである。

 

 ミラートレーダーでは、取引以外でのリスク管理が重要になってくるのである。具体的に言えば、「どういった基準でそのストラテジーを選ぶのか」という基準を決め、「どんなタイミングで運用中のストラテジーを止めて、新たに別のストラテジーを選び直すのか」といった詳しい手法を定め、その手法をルール化して常に例外なく実行するマニュアルを作ることが求められるのである。そうすることでFXトレードにおける優位性が維持され、しっかりとした正しいリスク管理が行動に移せるのである。