シストレ24の売買タイプの組み合わせ方

 シストレ24の自動売買「ミラートレーダー」では、ストラテジーを複数選んで、それらを同時に稼働させることがリスクを分散させるためには非常に重要である。しかし、ただ2つ以上の複数のものを選ぶだけでは、リスクを分散させる効果はあまり期待できない。異なる売買タイプのストラテジーを組み合わせることが求められるのである。では、どんな点で異なるタイプのものを選べばよいのだろうか。

 

短期売買型と長期運用型

 

 シストレ24をはじめとするミラートレーダーでは、運用期間が異なるタイプのものを選ぶのが良いだろう。理祖としては、2つのストラテジーを選ぶ場合には、片方は短期売買型のもので、もう一方は中期運用型・長期運用型などの比較的長い期間ポジションを取るストラテジーを選んで、ポートフォリオに組み合わせるのがおすすめである。

 

 こうして運用期間が異なるストラテジーを組み合わせることによって、利食いや損切りの決済注文が行われるタイミングが重ならないようになる。すなわち、「分散投資」のようにリスクを分散することができるのだ。

 

 さらに、異なる売買タイプのものを選ぶことによって、心理的な負担を和らげることにもつながる。1つの種類やタイプのものを選ぶと、一度に何回も損失が連続的に発生することがある。似たような「敗北」を連続して経験してしまうと、自動売買では「稼げない」と捉えてしまうきっかけになる。そういった心理的な負担をできるだけ持たないようにするためにも、異なるタイプのストラテジーを選ぶことがおすすめなのだ。

 

 シストレ24などのミラートレーダー、あるいは選択型システムトレードでは、幅広い取引の機会を設けることができるしくみになっている。このメリットを利用して、さまざまな種類やタイプのストラテジーを組み合わせてポートフォリオを作ることが、収益を上げて稼げるようになるための大切な要素なのである。