トライオートは裁量トレードの練習?

 トライオートの最大の性質である「半自動売買」とは、選択型システムトレードと裁量トレードが混ざったものである。同じインヴァスト証券の「シストレ24」と手動で取引する口座の「FX24」の中間的な存在といえるかもしれない。


 中間的な存在ということで、トライオートにはシステムトレードならではの簡単さや便利さがある一方で、外国為替相場の通貨の値動きを読み解くテクニックも必要になる。つまり、裁量による手動取引で必要な戦術が求められるのが、トライオートならではの大きな特徴なのである。

 

分析が必要

 

 トライオートでは、「買いか売りか」という売買方針や、「トレンドかレンジ」かといった、これからのマーケットの動きを予測しなければならないため、テクニカル分析などの相場を分析しなければならない。また、利食いや損切りの戦略ルールを決めることについても、ユーザーが自分で設定する仕組みになっているため、FXの裁量トレードと同じような能力が必須となっている。

 

 どんな時に、どのようにエントリーし、いつエグジットの決済注文を出すのかというトレーディングルールを指定するのは、完全なシステムトレードと違って自分自身であるため、自動発注の点以外についてはほとんど手動売買と一緒といっても過言ではないだろう。したがって、いい加減に戦略ルールを設定するわけにはいかない。裁量取引のように、取引のタイミングをつかむ実力が問われるのである。

 

手動売買の練習に

 

 このように、トライオートでは裁量トレードと同じような分析力が必要になるため、何も大きなメリットがないかのように思ってしまう人もいるだろう。しかし、トライオートに自動売買の良さがないわけではない。むしろ、トライオートならではのメリットが存在する。

 

 トライオートでは相場の将来の値動きを予測することを目的にテクニカル分析の技術がある程度用いることになるため、それを利用することによって裁量取引で必要となるテクニックや戦略の技術が身につくようになる。つまり、手動売買の練習になるということである。

 

 トライオートを利用することでFXの技術を、自動売買のサポートを受けながら養うことができる。そして、将来的には完全なマニュアル取引の手動売買を行うことができるとうになるための練習のツールとして、ぜひ試してほしいと私は考える。インヴァスト証券の「トライオート」というシステムは、自動売買と手動売買のメリットや性質を融合させ、両方の特徴を体験できるシステムであるといえるのではないだろうか。