トライオートで元本割れするリスク

 トライオートで損失を受けて、投資活動を始めた時の元の資金を割ってしまう状態になるリスクは存在する。なぜ元本割れという結果を被る確率は存在するのか。また、どうすればトライオートでそのようなリスクを少なくすることができるのか。元本が減ってしまう確率への向き合い方と対処法についてを検証する。

元本割れも起こる

 

 トライオートはシステムトレードのためのツールであり、より簡単にFX取引を行うことを目的とした機能である。しかし、売買対象については外国為替であることには、一般的な手動売買とまったく変わらない。手動でのFXトレードと同じように、損失が発生して資産が下落する事態は十分に想定されるのである。外国為替相場で絶対に利益を獲得する方法というものはこの世には1つも存在しない。

 

 もちろん、利益を稼ぐ確率が高い手法は無数に存在する。現に、トライオートやその他のFX取引の自動売買、あるいはふつうの裁量トレードでも、そうした勝てる可能性が高い手段を知っている成功者は少なからず存在する。しかし、100%収益を稼ぐことを保証するものはないのである。

 

 収益を稼げるかどうかは分からないという不確実性がFXには存在する以上、本当に損してしまった時のことを、実際にトライオートに挑戦する前に考えなければならない。元本割れが起こるという前提で、トライオートを使って資産運用するくらいの心構えが必要であろう。

 

リスクは少なくできる

 

 「リスク」が絶対に存在する一方で、その規模を少なくする方法ならある。その手段こそが、トライオートを使って機械的にFXトレードを行う点だ。

 

 たとえば、損切りを見送ることによってさらなる危険を冒す行動については、トライオートを利用することで、嫌でも損切りすることが確実に行われる。損するのが嫌で損切りの結果を避けるためにさらなるリスクを取ってしまう行動に出るといった場合が、手動での売買では起こり得る。しかし、トライオートであれば、自動的に決済されるため、同じ状況になることはない。

 

 したがって、リスクを大きくしないシステムになっているのがトライオートの特徴であるため、リスクを少なくする方法としてトライオートを利用することが挙げられるのである。元本割れの可能性がゼロになるわけではないとしても、それが起こる確率をなるべくゼロに近づけることなら十分可能なことであるのだ。そして、リスクをできるだけ少なくする方法を実践できたものだけが、トライオートで生き残るのである。