追尾ゲリラは勝てないのか?

 「追尾ゲリラ」とは、トライオートにおけるストラテジー戦略の1つの種類である。特徴としては、ひたすらナンピンの手法を取る手法であるところであり、一定の値幅ごとに次々とポジションを取っていく仕組みになっている。相場の値動きとして乱高下する状況を追いかけながらポジションを次々と取る性質から、「追尾ゲリラ」という名前になっている。


 ナンピンしていく仕組みになっているとはいえ、「追尾ゲリラ」でも損切りは存在する。一定の値幅の含み損が出れば、基準に達したポジションについては決済注文が出される。すべてのポジションが一度に決済されるということはなく、また、最大連敗数の制限もない。しかし、損切りの概念が存在する以上は、確定損失が発生する可能性は大いに存在する。つまり、勝てない場面も多いのだ。


本当に勝てない?

 

 では、「追尾ゲリラ」は勝てない自動売買のストラテジーなのか。答えは、必ずしても悪いロジックであるわけではない。むしろ、良いと判断できる相場の局面もとても多い。ただ、それでも勝てないことは少なからずある。

 

 相場の方向を読み間違えて、しかも予想以上に自分の売買の方向と逆向きに値が動いてしまえば、次々とナンピンしていく「追尾ゲリラ」であっても損切り注文が連続して、大損する場合もあり得る。そして、大損すれば、いつまでたっても勝てないことになってしまうのだ。

 

どうすれば良い?

 

 「追尾ゲリラ」で大切なことは、自分の相場の方向性の予測を以下に的中されるかである。値動きの流れに乗ったうえで「追尾ゲリラ」を利用すれば、利益は続出して、次々と収益が生まれる。ほかのトライオートの戦略と同じように、相場の予測こそが勝てるカギであるのだ。

 

 万が一勝てなかった時のことも、併せて考えておく必要がある。「追尾ゲリラ」というナンピンしていくのが得意という性質があるとはいえ、最終的に負けた場合には損するという結果が待ち構えている。そのため、最大で許容できる損失の大きさを事前に決めておくことも重要なルールであろう。

 

 そして、許容できる損失にまで何度も損切りの決済注文が発生して、自己資金が減ってしまった場合には、利用中のストラテジーから撤退して、改めで別の戦略を立てて使うことが好ましい。

 

 したがって、トライオートの「追尾ゲリラ」は決して勝てないものではないものの、勝てなかった時を想定に入れて、常にリスクが現実化してしまったときに実践するべきことを決めておいたうえで、その他の希望的な観測を考えることなく実行することがとても大切なのである。そして、リスクときちんと向き合えた人だけが、「追尾ゲリラ」を含むトライオートで利益を勝ち取ることが可能なのだ。