シストレ24で損失が出ても勝てる理由

 もしあなたがある程度の期間に渡って自動売買を通じた投資活動をしてきた経験があるのであれば、絶対に何回かは損したことがあるはずである。しかし、まだ経験が浅い人の場合、数回でも損失を出してしまうと、今後はシストレ24で勝つことは難しいと考えてしまう。

 

 常に利益が出続けるような「連勝」する結果が出ないところを目にしてしまうと、シストレ24というミラートレーダーの自動売買を使っても儲からないと思い込んで、あきらめかけてしまう例が実に多い。長年トレードを続けてきた人の、一度はこんな落胆を感じたこともあるのではないだろうか。

 

 しかし、こうした思い込みはまったくの「誤り」である。投資の世界である以上は、自分の自己資金が目減りしてしまう場面も必ずあるのである。それでも、損失が出たとしても利益を稼いで勝てるようになることは十分に可能なのだ。

 

≫シストレ24の評価とレビューはこちら

 

なぜ損しても勝てるのか?

 

 マーケットには、不確実に不規則に値動きする場面がかなり存在する。したがって、どんな手段をトレードに用いたとしても、永久に連勝することができない。こうしたマーケットの性質によって、損する取引に出会う経験は100%やむを得ないことであり、香苗らずは身に起こってしまう運命なのだ。よって、すべてのトレードの結果でプラスの収益を受け取ることは、シストレ24でも不可能なのであり、損失を避ける方法はない。

 

 一方で、損したからといって、それが本当の「敗北」を意味するわけでももちろんない。トレードしている期間内で、利益として得られた金額の大きなが、失ってしまった損失の大きさを上回れば良いのだ。実際、シストレ24で稼いでいる勝ち組の人々は、そのように、「利益>損失」を実現されることによって成功している。

 

 したがって、大切なことは、損失そのものを回避しようと試みることではなく、損失が大きくなってしまうのを防ぐことなのだ。その具体的な方法こそが、「損切り」という手法だ。ただし、シストレ24は自動売買のため、ここでいう「損切り」とは、負けやすいストラテジーを切り捨てる手段を意味する。

 

 「損小利大」という投資の大原則に沿って、負けを小さく抑え込むことで、「利益>損失」の戦術を実践できる。そうしたリスクへの管理を実行してこそ、損しても勝てる理由となっているのである。

 

なぜ損しても勝てるのか?

 

 ストラテジーを稼働して負けた場合に、それを利用するのをやめてしまったら、シストレ24の自動売買では永遠に勝てない状況が続くと主張したくなる気持ちはあるだろう。しかし、負ける手段では永遠に利益を稼ぐことはできない。

 

 一方で、収益を生み出すストラテジーを利用すれば、少なからず自分の元の資金からさらなる資産を増やすことができる。損益結果さえプラスになれば、利益は発生する。この点から、大切なことは、勝てるストラテジーを選ぶことなのである。

 

 稼げるロジックさえ見つけることができれば、それだけでシストレ24で成功することが可能になる。そして、勝てるストラテジーを見つけるための資金を残しておくためにも、早期に負けるロジックのものから撤退しなければならないのだ。

 

 損失が小さければ、より収益力のあるプログラムに出会い、再び利益を回復させることができるようになる可能性が上がる。そして、この理論によって、たとえある程度の損失が発生しても、シストレ24で勝てるようになる手段は存在するのである。