シストレ24にストラテジーを出品したい

 シストレ24を利用いている人の中には、自分のストラテジーを出品してみたいと思ったことがある人はいるのではないだろうか。ユーザーが使ってくれるようなストラテジーを自作して、それを出品して数多くの利用者に使ってもらえたらどんなにうれしいことであろうか。

 

出品する方法はあるのか?

 

 シストレ24のストラテジーには、ミラートレーダーそのものを開発しているTradencyから供給されているものと、ココジャンやテラスといった日本の会社からプロバイドされているものの2種類がある。したがって、シストレ24に直接出品することはできない。

 

 では、どうすれば出品することができるのか。100%絶対に取り扱われるようになるまでの方法は存在ない。どんな経路で出品しても、ロジックや運用成績に関する厳しい新s名があるため、実際に採用されるようになるプログラムはほんの一部に限られてしまうだろう。とはいえ、完全に不可能ということではない。

 

Tradency経由

 

 ミラートレーダーの取引プラットフォームを開発したイスラエルの会社得あるTradencyを経由してストラテジーを出品したいと考えている人のための応募フォームが用意されている。まずは、そこに申し込んで出品を希望することが最初のステップとなる。

 

 ストラテジーについては、MT4のEAの形式で応募することができるため、MT4を使った自動売買に慣れている人にとってはとてもやりやすいかもしれない。

 

 とはいえ、実際に採用されるまでの道のりは険しい。第1にかなり厳しい選考基準が存在し、それを通過しないと話にはならない。また、対面による面接もあり、言葉は英語で行われる。そのため、実際には英語力が必要となるのである。

 

国内の会社を経由

 

 テラスやココジャンを経由してシストレ24に出品する方法もあることにはある。ただし、Tradencyのように直接的な応募方法があるわけではない。まずは、MT4のEAのはいバイ仲介業者であるこれらを通じて、EAを第三者に販売することから始めなければならない。

 

 テラスやココジャンの「FX-ON」を通じてEAを販売して、運用成績が好調で、人気が上昇すれば、シストレ24でストラテジーとして採用される可能性が出てくるかもしれない。ただし、この道のりもTradencyと同じくとても難しい技術である。

 

 いずれにせよ、ミラートレーダーの取引プラットフォームを使うシストレ24の公式ストラテジーとして、本当に使われるようになるのは非常に優秀なロジックのものに限られてしまうため、気軽に出品できるというようなレベルではないのである。負けるストラテジーも数多く存在するのも事実ではあるが、採用される時点ではかなりの収益力のあるロジックであることが求められるのである。