初心者でも資産運用で勝てるのか?

 株式売買やFXトレードなどの資産運用において、まだ始めたばかりの初心者であっても勝てるのだろうか。投資活動に参加し始めた初期段階でも利益を上げて、しかも安定的に収益を出せるようになることは容易な技術なのだろうか。


 資産運用では、不確実性というものがある。これは、外国為替相場であろうと株式市場であろうと存在する性質である。誰にも予測できず、しかも原因も特定できないような値動きをすることがある。したがって、たとえ長年投資を行っている投資家であろうと、損失が出る結果に至る場合もよくある。そして、こうした「敗北」を経験をするのを避けることができない場合も少なくないのである。


 しかし、初心者の場合には、上級者とはまた違った流れで「敗北」を経験することになってしまう例が多い。ただ、相場のランダム性が原因で運悪く負けるというよりは、自身の投資への臨み方が悪いために損することになってしまう場合が少なくない。つまり、「自滅」する例が多いのだ。


 

初心者のパターン

 

 上級者の場合、資産運用を行うにあたっては、必ず起こり得るリスクを想定したうえで投資に参加する。事前に利食いや損切りを行うルールを決めておき、実際に相場が動いてその基準を満たすと、事前のルール通りに行動を起こす。また、取るべきポジション数も自己資金にいあった金額以上に取ることは決してない。したがって、損失を受ける可能性もゼロではないが、なるべく小さい状態に抑えられる。

 

 一方の初心者の場合、始めたばかりの資産運用ではリスク管理が不十分になる例が良く見られる。事前に決済注文を出す基準を決めておかず、ポジションを取った後で、その場の気分で発注することが多い。つまり、投資ルールを持っていない状態で資産運用に取り組む傾向があるのだ。

 

 しかし、こうしてリスク管理が十分には行われていないために、失敗してしまう人の多くはこうした初心者である。損失を経験し、しかもその規模が自己資金の範囲を超えて大きいことが珍しくないため、投資のプロよりも大きな損をすることになってしまうのだ。

 

 資産運用において、投資をはじめたばかりの初心者でも「勝てる」というのは事実である。しかし、投資に向き合い姿勢が経験者とは異なる傾向にあるために、結果的には「勝てない」状況に陥ってしまうのである。逆に、もしきちんとしたリスク管理を実践できているのであれば、その人はすでに初心者から抜け出すことができているといえる。