FXで元本割れしない方法はあるのか?

FXトレードで元本割れして負ける結果に遭遇してしまうと、売買差益を狙った取引にとても落胆してしまうことであろう。なぜ、こうした元本割れが発生するのか。


言うまでもないが、それは自分の相場の予測とは逆に価格が動いてしまうからである。トレーダー自身の手法が的中すれば、当然ながら利益は確実に出る。しかし、外れてしまうと、損失が出てしないのである。


元本割れしないということは、相場の世界で100%予測を的中させることを意味する。もちろん、予想を完全に当てることは、どんな上級者であろうと不可能である。よって、FXトレードで元本割れしないように貫き通すことは実現不可能なのだ。


もし、元本割れしない方法があるとすれば、誰もが「負け組」に入ることはなく、損してもカル人の数はゼロであるはずである。しかし、実際には過半数の人が損しているのが現状であろう。すなわち、元本割れしてしまう結果を受ける可能性が十分に高いのである。


元本割れする確率を下げるしかない

 

では、どうすればFXトレードで元本割れを防いで、勝ち組になることができるのか。それは、元本割れする確率を下げるという方法である。負けることを回避することは不可能である一方で、その大きさを抑えることなら十分に実現可能である。

 

元本割れして損する結果を防ぐためには、なるべく利益が出る可能性が大きい時だけ取引することが重要なカギとなる。利益が生じる確率が高い場合に限って、ポジションを持ち始めれば、相対的に損失を出す確率は低くなる。

 

逆に、勝てる可能性が十分にない状態で、ポジションを持ち始めてしまうと、その確率が高い時と比べて、損する可能性が大きくなってしまう。その分、元本割れしてしまう確率が高まるというわけである。もちろん、そんな危険な状況の中でトレードするわけにはいかず、また、絶対に避けるべき内容であろう。

 

したがって、元本割れを防ぐためには、利益の期待値が高い環境となる「勝てる可能性が高い」場合に相場が動いた時だけトレードを行うことが求められる。「こんな時ならプラス損益が実現できる」というような場面だけに限ってポジションを取ることによって、相対的に負ける確率が下がり、それだけ自分のFX用の資金が元本割れするリスクを下げることができるのである。

 

まとめ

 

元本割れをしないための完全な方法は残念ながら存在しない。しかし、そうなる可能性(リスク)を下げることなら実現可能である。その方法とは、「勝てる可能性」が高い場合に限ってトレードを行うことである。

 

自分自身の売買ルールに沿って、相場の値動きが、利益が発生する期待値が大きくなるようになった場合だけポジションを持ち始めるという方法こそが、元本割れしないベストな手段である。