シストレ24で「失敗した」と勘違いする原因とは?

シストレ24を始めたが、思うように利益が出なくて失敗したと思う込む人は多い。事前に考えていたように収益が伸びず、むしろ損失が多く出るような経験をしてしまうと、自動売買のやり方について「失敗した」と受け取ってしまうのだ。


しかし、失敗したと思っても、本当の意味での「失敗」ではない場合が多い。もちろん、多額の損失によって大きく資金を減らしてしまったら、その結果は失敗といわざるを得ないが、大半の場合はそれほどダメージが大きいものではない。少しの損失が出た時でも失敗したと捉えてしまうのである。

短期的な損益結果に過剰反応

 

シストレ24に挑戦して、すぐに損失が出る結果を経験してしまうと、多数派の人はシストレ24の実力や収益性を疑問視するであろう。もちろん、自動売買に取り組み始める人は全員利益を稼ぐことを目的に挑戦するため、少しでも損すれば、自動売買の収益能力に足して落胆し、「失敗した」と感じてしまう。

 

しかし、こうした「失敗した」と感じる元となる結果はあくまでも短期的な結果にしか過ぎない。つまり、各ストラテジーの本当の実力が現れた結果ではない場合がほとんどなのである。

 

少しのドローダウンでしかない損益結果に過剰反応して、失敗と判断してしまうことは、間違ったとらえ方である。単に、運が悪くて少し負けたくらいのレベルであるのが、短期的な損益結果である。

 

したがって、短期間での少しの損失に過剰に反応するのではなく、やや長めの期間に渡って同一のストラテジーを用いてシストレ24を行ってから、成功か失敗かを判断するのが正しいやり方である。

 

失敗の勘違いと正しいやり方

 

短い期間での少額の損失を被ったからといって、それを根拠にシストレ24で失敗したと勘違いするのは、合理的な判断ではない。相場の不確実性によって発生するドローダウンが発生することはよくあることであり、各ストラテジーや自動売買システムそのものの実力を表したものではない。

 

よって、長期的な損益結果を根拠にシストレ24に収益力があるのかないのかを決めることが求められる。もし、収益力がないと捉えるのであれば、別のストラテジーに切り替えてみればいいだけの話である。


今までのストラテジーで失敗したからといって、別のストラテジーでも負けて失敗するというわけではない。今まで使っていたストラテジーだけでたまたまうまく行かなかっただけである。

 

ただ、短期的な結果を重視しては、シストレ24の本当のストラテジーの収益性や実力を見抜くことは不可能である。取引回数が少ない中で、成功か失敗を判断することはできない。データの分母を増やして初めて、本当の収益性を読み取れるのだ。

 

どうしても、シストレ24のみならず、あらゆる投資活動においては、短期的に大きな利益を上げようと試みてしまうものだ。しかし、本当の実力とは、長い視点で利益を伸ばし続ける手段だ。年単位での素晴らしい損益結果こそ、正しい成果であるとみなすことができる。

 

もし、取引回数が少ない結果をもとに「失敗した」と感じているのであれば、それは本当の真の失敗ではないことを理解してほしい。

シストレ24とは?

 

運営会社:インヴァスト証券

種類:ミラートレーダー(Tradency開発の自動売買、選ぶタイプ)

サービス開始:2011年11月

 

≫口座開設はこちら

※約5分で申し込みが完了。