コピートレードのとフォロワーとは何か?

 トレイダーズ証券の「みんなのシストレ」のように、コピートレードには「フォロワー」という数字を表した項目がある。これとは別に、「コピートレード数」という項目もあるが、これら2つの違いとは何か。

 「コピートレード数」とは、実際に該当するトレーダーを実際の資金を持って利用している人の数を表す数値である。たとえば、あるトレーダーでコピートレード数が100となっていれば、その人を選んで実際にFX取引をしている人はその時点で100人いるということを意味する。したがって、コピートレードを利用している人が多ければ、その分利用されているトレーダーは多くの利用者から人気を得ているということなのである。


 一方で、「フォロワー数」とは、あくまでも観察している人の数である。実際に自己資金を投じて取引を行っているわけではなく、ただそのトレーダーがどんな運用成績を出しているのかを観察している人の人数を示しているのが「フォロワー数」である。簡単に言えば、ウォッチリストとして登録している人の人数といっても良いであろう。


 やはり、フォローしている人数ではなく、実際にコピートレードしている利用者の人数の方が、各トレーダーの注目度や信頼度を評価するにあたっては、より参考となる資料ではあるだろう。現実的に、大切な自己資金を投じている人が多いようなトレーダーであれば、それだけ信頼度は大きく、これからも利益を上げる期待値が大きい。


 しかし、コピートレード数、あるいはフォロワー数であっても、いくら登録している人数が多いからといって、これからも絶対に収益を伸ばすことを確実視することは危険である。ミラートレーダーなどのストラテジーと同じリスクではあるが、今までは好調な成績を実現することができていたからといって、これからも利益を出し続けるという保証はどこにも存在しない。


 もし、実際にコピートレード先となるトレーダーを選んで、いつまでたっても利益が出なかったり、損してばかりの状態が続くのであれば、登録を解除して別の対象者に鞍替えすることも、コピートレードにおいても大切な戦術である。