なぜ複数のテクニカル指標を使うのが大切なのか?

 FXトレードにおいて、テクニカル指標を複数のものを用いてチャートの分析を行うことが大切である。1つだけであると、どうしても精度が上がらない。ここでの精度とは、テクニカル指標による売買のシグナルが、実際の相場の値動きで利益を出す確率の大きさのことを指す。


 テクニカル指標を1つだけしか使わなかった場合、売買シグナルが発生する回数は多く、頻繁に取引のタイミングを表す合図が発生する。しかし、その精度は悪く、シグナルが当たらない場合も多い。したがって、高頻度のトレードができるとはいえ、利益を上げるという観点から、そうすることをおすすめすることは到底できない。

 

複数のテクニカル指標を使うと

 

 一方で、テクニカル指標を複数使ってチャート分析した場合は、どうなるだろうか。シグナルが発生する頻度については、2つのテクニカル指標が同時に売買のタイミングが一致したときだけシグナルが発生することから、とても低くなり、取引回数も少なくはなる。しかし、当たる確率も高くなる。したがって、精度は高くなるのだ。

 

 このような点から、シグナルの発生回数の多さがテクニカル分析で大切なことではない。重要なのは精度であり、どれだけ相場の予測が当たるかである。予測が的中すれば、利益は発生し、その収益を稼ぐことができる。また、損失も少なくなって、減っていく資金を食い止めることも可能になる。

 

 よって、FXトレードでは、テクニカル指標を複数用いて、シグナルの精度を高めて、できるだけ利益が出るシグナルが出る環境を整えることが求められるのである。

 

トレンド系とオシレーター系

 

 なお、テクニカル指標の組み合わせとしては、トレンド系のものとオシレーター系のものの両方の性質の指標を組み合わせることが好ましい。トレンド系のテクニカル指標は、主に長いスパンでの相場の流れの方向を読み取るために用いるツールである。一方のオシレーター系のテクニカル指標は、短期的なスパンで見た流れを表すものである。

 

 こうした、異なる性質のテクニカル指標を用いてチャートを分析してトレードに臨むことで、さらに精度を高めることができる。したがって、トレンド系とオシレーター系の複数の指標を使ったテクニカル分析を行ってこそ、FXトレードで利益を稼ぐカギとなるのである。

 

 もちろん、2つ以上の指標を組み合わせたからといって、絶対に損失が出ないという和尚は存在しない。とはいえ、できるだけ収益が出る可能性を維持することこそが、FXトレードで勝つためには必要な状態ではないだろうか。