FXの自動売買でストラテジーは放置するべきか?

FXの自動売買でストラテジーを稼働し始めた後について、いつそれを止めればよいのかという疑問を持つことであろう。頻繁に入れ替えるべきなのか、それとも「ほったらかし」にして放置するべきなのか。この判断は非常に迷うところではないだろうか。


自分で直接は売買の判断を行わないのがFXの自動売買ならではの特徴である。しかし、勝手に取引される仕組みをそのままにしておくべきかどうかは、しばしば議論されるポイントでもある。

 

放置するのは良いこと?

 

自動売買で売買システムを放置した場合、それが負けるストラテジーであると、利益を上げることはできない。むしろ、損する結果が頻発して、自己資金が減ってしまう原因にもなるだろう。つまり、「ほったらかし」にして放置するのはあまり良くないといえる。

 

一方で、近視眼的に短期的な結果だけを参考にして、損失が少しでも出たからといって別のものと入れ替えるという作業を繰り返しては、収益力のあるストラテジーに出会うことは、いつになっても不可能になってしまう。ただ、運任せで各プログラムを選んでいくだけの自動売買へと変わってしまうだろう。

 

このことを考えれば、ある程度はストラテジーを放置することが好ましいということがわかる。しかし、負けるストラテジーについて、それに収益力がないと判断できる時点になれば、他のものと入れ替えることが求められる。つまり、一定以上の長期にわたって放置するのは避けるべきなのである。

 

定期的に成績を確認する

 

ベストな方法としては、自動売買のストラテジーの実力を検証するために、一定の期間は放置する一方で、定期的に成績を確認して、もし実力がないと判断できるときになれば、その収益力に乏しいプログラムを、別のプログラムと交換するというやり方が良い。損しやすい自動売買を利用しても、何のメリットはない。

 

逆に、もし運用の成績が好調であれば、引き続きそれを稼働し続けるのがおすすめであろう。利益が出ている分には、そのストラテジーには何の問題もない。したがって、放置しても特に悪い要素はなく、むしろ利益が発生することに期待できる。

 

よって、自動売買においては、収益を出しているストラテジーであれば、それを放置することが求められる。逆に、負ける結果を頻発させているストラテジーは、利用している状況から撤退し、他のものを新たに稼働するというやり方が、自動売買の管理の方法して、大変おすすめである。