自動売買でずっとうまく稼ぐのは不可能って本当?

 最近、多くのFX会社で自動売買を導入するところが相次いでいる。それに伴って、ますます多くの人がシステムトレードに挑戦するようになっていて、今までは手動で取引していたのをやめて、完全に自動売買に専念することにする例も増えている。


 自動売買ならではのメリットといえば、時間に拘束されずに取引できるという便利性や、売買ルールが常に決まった方法で行われるという仕組みが挙げられる。加えて、ミラートレーダーなどの選択型システムトレードについては、プログラムをクリックして選ぶだけで自動売買が直ちに開始されるという簡単さがある。

 こうした、自動売買ならではの長所の存在によって、手法で取引するときよりもより多くの利益を上げられるだろうと考えている人も多いだろう。しかし、自動売買は上手くいかないシステムであると批判する人もいる。


 ずっと同じロジックのシステムを使い続けて上手く稼ぎ続けるのは難しいという主張が、そのようなグループの多くの意見である。実際、相場のあるトレンドの中ではうまく利益が上げられても、トレンドが変わった瞬間に損失が多く出てしまい、結局は意味のない取引となってしまうとして批判される的となっている。


 そこで、自動売買においては、適度にシステムを切り替えていくことが求められる。ずっと同一のものを永遠に利用しても、大きなドローダウンが発生すれば、今までに上げた利益がマーケットの中へと流れてしまい、自動売買に取り組む意義が消えてしまう。


 常に勝てるシステムを探し求めていくことで、利益を伸ばすことができるのだ。ただ、それでは自動売買ならではの簡単さや便利性が失われてしまい、結局は手動時と同じように大変な作業になるという意見を述べる人も出てくるだろう。


 しかし、取引自体はコンピューターが行ってくれるとはいえ、やはり検証などの研究は欠かせない。その点では、従来のトレードとまったく同じである。


 「自動売買でずっとうまく稼ぐことはできない」というのは、永遠に何もせずにただ1つのシステムを永久的に使い続けた場合の話である。自動売買にしかないメリットを過剰に意識するあまり、放置して大きな利益を上げたいと考えたいのも不思議ではない。


 たが、それでも常に収益性のある環境を実現できなければ、稼ぎ続けるのは不可能となってしまうだろう。そして、収入が得られなければ、自動売買に取り組む意味はまったくないことになってしまい、やらなかった時と何の変りもないという結果になってしまうだろう。


関連記事~こちらもチェック