エクストラトレードこそ失敗の原因になる?

 シストレ24に存在する「エクストラトレード」という機能とは、一旦ポジションを取り始めたストラテジーに対して、さらなるポジションを追加していくシステムである。途中参加してく一方で、決済時は自動的にポジションが手仕舞いされる仕組みになっている。


 この制度から、そのストラテジーを用いた時の損益結果がプラス収支となれば、ポジションを追加した分より大きな利益を受け取ることができる。収益額が多くなり、短期間で巨大な富をゲットできる可能性もあるだろう。


しかし、マイナス決済になった場合には、追加したポジション分はさらなる損失として資金を失うことになり、デフォルトで取っていたポジションで取引した時である通常よりも、さらに大きなダメージを被ることになる。

もし予想が外れて失敗すると

 

 仮にシストレ24で失敗した場合、もしエクストラトレードを利用した場合にはさらにその失敗の規模を大きくすることになる。最低取引量は5,000通貨となっているため、もしエクストラトレードを使った時に取る合計のポジション量は、さらに5,000通貨を加えた1万通貨となるため、通常よりも2倍以上の損失を被ることになってしまう。

 

 これでは、レバレッジをいつもより2倍多く取ることと実質的には同じことである。より多くのリスクを容認という点でまったく同じであり、エクストラトレードを使えば、それだけ自分の投資資金を危険にさらすようになるのだ。

 

どんな時にエクストラトレードを使うのか?

 

 では、どんな場合にエクストラトレードを使ってシストレ24に取り組むのか。それは、自己資金に十分な余裕があって、さらにストラテジーが確かに好調な成績を出す傾向になるような場合のみであろう。

 

 通常のポジション量ではあまりにも少ないために、追加でポジションを取るためにエクストラトレードを使うというやり方で臨むのが好ましい。何よりも、資金に余裕がある状態で取り組むことが、安全なやり方である。

 

 一方で、逆に今までの損失を回復させることを目的としてエクストラトレードを使って臨むというような、マイナスな面での理由から使うのは危険である。さらにリスクを不必要に大きくする行動にしかならず、倍賭けする行為と変わらない。

 

 より大きな危険性を伴う手段に出れば、それだけシストレ24で失敗を犯す原因をつくるもととなってしまう。したがって、あくまでもプラスの目的に使うだけにするのが良いというわけだ。

 

 こうした危険性が少なからず存在する制度でもあるため、特に初心者に関しては、シストレ24でエクストラトレードを使うことはおすすめしない。まずは、100%ストラテジーのシグナルに従って、かつ自己資金に十分すぎるほどの余裕を持つことが好ましい。

 

関連記事~こちらもチェック