夏のボーナスでも挑戦できるシストレ!

 6,7月にサラリーマンが喜ぶ1つの行事が「夏のボーナス」だ。仕事先にによって、その金額は異なり、業績が良い企業ほど、その支給額は多いが、平均すれば、大体40~50万円ほどであろう。


 そんなうれしい夏のボーナスだが、あなたは何に使う予定だろうか。何かを買っても良いかもしれない。しかし、今回おすすめするのはシストレである。投資の一種であるFXの中でも、初心者でも簡単に挑戦できるのが自動売買であり、特に選択型システムトレードはお勧めの中でも一押しのものだ。


 シストレの中でも、1,000~5,000通貨から取引できるネット証券であれば、50万円程度の初期投資でも挑戦することが可能だ、自動売買を通じて、もらった夏のボーナスを「+α」として、さらに増やそうではないか。

シストレに必要なものといえば、たった2つだけ


必要なもの

  • ネット証券(FX会社)の口座開設
  • 投資の元手(約40~50万円)

 

 システムトレードを始めるにあたって必要なものといえば、ネット証券で解説する口座と、元本となる軍資金の2つだけである。今回は、夏のボーナスを使って自動売買に挑戦するというテーマであることから、ここでの問題は、口座開設だけであろう。

 

 とはいえ、自動売買宵の口座開設を行うことは、会社員であればとても簡単なんことである。まず、インターネットから業者のホームページを開き、応募フォームから自分の住所や電話番号、Eメールアドレスといった個人情報を入力することが求められる。

 

 その後、身分証明書(運転免許証、健康保険証など)のコピーを、メール添付や郵送のいずれかで業者側に提出すれば、口座開設の一連の流れは終わる。あとは、ネット証券からログイン用のIDとパスワードが書かれた書類が送られてくれば、自由にシストレに挑戦できるようになる。


 システムトレードを始めるまでの道のりは、一見難しいと感じるものであるが、実はものすごく簡単なことであるのだ。会社員のように安定した給料がない主婦や大学生でも挑戦できるほどのレベルと受け止めてよい。

 

なぜ、シストレが良いのか?

 

 格差社会が日本国内および世界全体で社会的な問題となりつつある中で、お金持ちになる人はどんどん資産を増やしていく一方、そのような縁がない人は、いくら働いても資産を増やすことができず、資金的に苦しい生活を余儀なくされる。

 

 そんな中で、普通のサラリーマンについては、何もしなければ、後者の方のグループに入ってしまうであろう。しかし、金融資産の投資に取り組めば、少なからず資産を増やす道が築ける。

 

 資産運用によって、上手く収益を増やせれば、それは不労所得として、働かずに収入を得るという仕組みを確立できるようになったというこおtになるだろう。すなわち、サラリーマンの中でも、資産を徐々に増やしていける人となるわけだ。

 

 しかし、特に平日は出勤していて、時間的に投資に取り組むことができないと悩む人は多い。そんな中で、魅力的なのが自動売買(シストレ)だ。自動売買であれば、自分が取引に直接かかわっていなくても問題ない。

 

 人間がパソコンのそばにいない場合であっても、プログラムが勝手に銘柄の売買を実行してくれる。時間に拘束されないのが、シストレのメリットの1つであろう。

 

 また、特に初心者の場合、投資を始めようとしても、具体的な運用手法がわからず、どのようにして取引してよいかわからない。しかし、自動売買であれば、プログラムが売り・買いの判断を下す仕組みである点から、人間が「コツ」を持っていなくても、高い成績を出すことが可能だ。

 

 金融取引における高度な手法やコツを持っていない人であっても、効率よく投資に参入できるのが、自動売買ならではの2つ目のメリットではないだろうか。

 

 このようなことから、サラリーマンの中でも、お金に困らない人のグループに入るため、夏のボーナスを用いて、まずはシストレに取り組んでみてはいかがだろうか。

 

 本当は何かを買うために使いたい「夏のボーナス」を、自動売買に挑戦するのにつかえることができた者が、ボーナスの支給額を上回る報酬をGETできるのことは、決して夢物語ではない。

 

関連記事~こちらもチェック