20代の資産運用なら、やっぱりシストレがおすすめだ!

資産運用について、20代の投資家におすすめなのが「シストレ」である。シストレは自動売買とも呼ばれ、勝手にプログラムが金融取引を行ってくれる仕組みが人気の要因となっている。

 

シストレであれば、自分でチャート分析したり、企業の財務分析を行う必要がまったくなく、プログラムがすべて判断してくれる。「怠ける」きっかけになると主張して自動売買を批判する人も存在するが、シストレだからこそ実現できるメリットは大きいことは、揺るぎない事実である。

なぜシストレがおすすめ?

 

シストレであれば、自分の感情や気分に左右された資産運用にならない。チャート分析や企業の財務分析を行う際、どうしても上級者ではない人の場合、自分の環境や気分によって行うことがしばしばあり、先入観に左右された結論を出してしまう場合も少なくない。

 

一方、自動売買であれば、完全にプログラムに従って取引が可能となる。プログラムはその日その日の取引の判断基準が変わることは絶対にない。人間が構文を変えるまでは、常に同じ手法を使い続ける仕組みになっている。

 

手動で行う資産運用の場合、多くの人は長期的に同じ手法を使い続けることができない。そのため、どんなやり方が収益をもたらすのかを把握できないまま、次々と戦略をコロコロと変えてしまう。

 

こんな行動によって、結局は優秀な戦略を身に着けることなく、ただランダムな動きに左右された結果だけしか実現できなくなってしまうのである。ランダム、つまり「偶然性」に大きく左右された資産運用になれば、資産を増やすという目的を達成できる可能性は低いのも不思議ではない。

 

シストレであれば、常に同一手法で資産運用に取り組める。しかも、バックテストを行うことによって、過去の市場の動きに戦略ロジックを照らし合わせ、どんな運用実績が得られるのかを把握することができる。

 

バックテストで収益率が高いような運用実績が現れれば、そのロジックを利用すれば、今後も大きな収入を手に入れられる確率が大きい。確率の数値が大きければ、その分資産運用で成功できる可能性が飛躍するのである。これが、自動売買ならではの大きな長所である。

 

まとめ~だからおすすめだんだ!

 

  1. 先入観が排除される
  2. 同じ手法を維持できる
  3. バックテストが可能

 

シストレだからこそ、資産運用でおすすめの手段である。20代の人々の場合、まさ資金的な事情には余裕がない人が多いだろう。だからこそ、そんな大切な資産を無駄に減らさないためにも、失敗を防げる自動売買がおすすめなのである。

 

未然に失敗を防ぐことで、より高い収益力を誇るようになれるのは間違いない。奈のより、収益力を高くしてお金を増やすことこそが、資産運用の最大の目的だ。