投資信託が“儲からない”のはどうして?

あなたが投資信託を買っても儲からない理由と何だろうか。証券会社や銀行などのファイナンシャルプランナーが「オススメ」という銘柄を購入しても、実際には思うように利益を稼げない結果になる場合がよくある。


相場の下落によって、評価損が増え、逆に元手となっている資産額が減ってしまっている状態を目にすることも少なくないだろう。


そんな投資信託で「儲からない」結果になる原因を知ることが、今回のテーマの目的だ。そして、本当に投資信託で資産運用を実行するメリットがあるのかどうかを検証していく。

投資信託が儲からない原因は「安全性」にあり?

 

投資信託における投資対象は、日本国内外の株式・債券・不動産・為替通貨など多岐にわたる。中身の内容については、各商品によって異なるが、1つだけの対象ではないものがほとんどだ。

 

資産を直接運用するのは、ファンドマネージャーなどのプロの投資家である。したがって、個人で直接金融取引を行うわけではない。あくまでも、金融取引に直に参加するのは、専門的な知識が豊富なプロフェッショナルである。

 

こうした、プロフェッショナルな専門家によって資産が運用される仕組みになっていることから、投資真核の購入者は、それを安全であると感じるだろう。プロが手を付けるものであるために、高い「安全性」が存在すると思って、儲かるだろうと安心するのである。

 

しかし、実際にはそれほど安全ではない。危険といっても決して過言ではないかもしれない。投資の専門家であっても、相場の値動きの予測が立てられない場合が少なくない。

 

また、投資信託の商品そのものが、株価指数などと連動して値動きするものである例も多い。この場合、利益を稼げるか稼げないかは、世の中の政治経済情勢によって左右されることになる。

 

これらの事実から、投資信託はまったく安全な投資ではなく、そもそも投資の世界において、「安全」という概念は存在しないのである。よって、儲からない結果になっても、それは不思議なことであるとは言えない。

 

高コストも原因の1つ

 

投資信託の場合、他の投資手段よりもコスト面で不利な事実も、儲からない状況になりやすくしている。購入時手数料に加え、信託報酬という手数料コストも発生する。株式や債権、外国為替通貨取引と比べて、高コストな点にも問題があるといえる。

 

購入手数料は、投資信託の購入金額の1~3%くらいの金額が、手数料として販売会社に取られてしまう。さらに、年に1回は運用コストとして、投資金額の1~2%が持って行かれてしまう。

 

保有中にも手数料が引かれる仕組みである点から、銘柄を持っているだけでお金がかかる投資手段と呼んでも良いかもしれない。それだけ、投資信託の欠点として、コスト面の高さが挙げられるのである。もちろん、コストが大きければ、それだけ儲かりにくくくなるのは言うまでもない。