【シストレ24】ストラテジーの2/3は損ばかり出す?

残念ながら、シストレ24で用意されているストラテジーの全体の2/3以上のものは損失ばかり増える結果になっている。

 

利益>損失となっているシグナルは1/3くらいである。全体の3割しか勝てないのだ。さらに、着実に収益を伸ばしているストラテジーはその中の数割にとどまる。つまり、大半のストラテジーでは、用いても勝てないのが現状である。

 

せっかく何千という膨大な数のストラテジーが用意されているのにもかかわらず、その多くが負ける運命にあるというのはとても悲しいことだ。しかし、それがシストレ24を含むミラートレーダーなどのFX自動売買の真実なのである。

プラス収支にするには?

シストレ24でプラス収支を叩き出す方法

シストレ24におけるポートフォリオでプラス収支(利益>損失)を実現するためには、残りの3分の1に入るストラテジーを選ぶしかない。そうしないと、損するだけでせっかくのシストレ24ならではの長所を受け取れなくなってしまう。



全体的な傾向として、過去に長期間にわたって収益を上げてきた実績を持つストラテジーは、その後も利益を伸ばし続ける例が多い。たとえば、ThirdBrainFXという有名なストラテジーは、登場以来ずっと収益を上げてきた。一時的なドローダウンは存在したとはいえ、今も利益を上げている。

 

シストレ24でプラス収支を出していくためには、こうした長期的に高い成績を上げているストラテジーを選び、それを自身のポートフォリオに取り込むことが唯一の方法である。それ以外に収益を得る方法は、手動による判断で行っている従来のFXしかない。

 

長期的に好成績のストラテジーでもダメだったら?

 

しかし、たとえ長年にわたって優秀な実績をたたき出してきたストラテジーを利用したとしても、相場の環境の変化で収益性が落ちたり、ドローダウンの時期に入ったりすると、利用者は損失を被ることになってしまう。

 

また、一定の限度を超えて損失を出し続けると、証拠金不足になったり元手資金が底をつくことにもなりかねくなる。どんなに良いシグナルを選んでも、そうした不幸な結果になる可能性も決して否定できない。

 

もし長期的に好成績を出してきたストラテジーを選んでもダメだったらどうするのか。その時は、一度選んだストラテジーの稼働を止めることだ。稼働停止させてしまえば、あとはもう損する確率はゼロになる。

 

一度選んでみたが低収益だったならば、また新たに別の通集なストラテジーを出迎えればいいだけだ。そして新しい仲間に今後の利益を期待する。こうして儲けのチャンスをつかんでいくいか方法はない。

 

ただ、万が一のために資金的な余裕を常に持っていなければならない。1つのストラテジーで損しても、別のもので資産を運用できるほどの余力を持ちながらシストレ24に挑むことが何よりも大切である。

シストレ24とは?

 

運営会社:インヴァスト証券

種類:ミラートレーダー(Tradency開発の自動売買、選ぶタイプ)

サービス開始:2011年11月

 

≫口座開設はこちら

※約5分で申し込みが完了。