シストレ24で大損!こうなる理由は何か?

あなたがシストレ24で大損する成績をたたき出してしまう理由とは何だろうか。大きな金額の損失を出す人は決して少なくない。多くの資産を失って退場する者も一定の数は存在する。

 

この記事を読んでいる人の1人であるあなたもまた、このように退場を余儀なくされそうになっているグループの一員となっているのではないだろうか。

 

運悪くたまたま偶然にストラテジーのドローダウンに当たってしまって大損することも可能性的には十分ありえる。しかし、ほとんどの場合はやり方に問題があって元手が減っている。その原因とは何だろうか。理由について以下で述べていく。

大損して退場する理由とは?

シストレ24で大損する理由
  1. リスク分散が不十分
  2. レバレッジが大きすぎる


FX自動売買「シストレ24」で大損する理由としては、おそらく大半はこの2つが原因に挙げられる。


まず、ストラテジーを複数選んだり、通貨ペアを異なるものを選択しないことによって十分にリスクが分散されていない例が、この1つ目の原因となる。


2つ目の理由は、レバレッジが過剰にかけられている点である。資金的な余裕を超えてレバレッジに頼った取引を行ってしまうと、レバレッジの大きさに比例してリスクも増大する。そして、大損してしまうのだ。

 

リスクを分散が不十分だと…

 

1つだけのストラテジーだけでポートフォリオを運用したり、仮に複数のストラテジーでも同じ通貨ペアで稼働させると、取引対象となっている通貨ペアの相場が予想に反する方向に動いてしまうと、一気に大損する結果へと至る。

 

一度に大損する可能性を抑制させるためには、複数のストラテジー、通貨ペアを用いて資産を運用することが求められる。この手法を採ることで、1つの通貨ペアで思わしくない結果になってしまった場合でも、全体で資産残高を見ればそれほど重大な損失ではなくなる。

 

1つだけのストラテジーを用いて、それで好調な成績が得られれば、確かに利益も大きな金額のものを手に入れることができる。一攫千金が期待できるのもこの手法であるという主張もあるようだ。たとえば、ThirdBrainFXだけで運用して、このストラテジーで素晴らしいほどの収益が出れば、利用者自身の資産残高も大幅に増えるといううれしい結果になる。

 

しかし、逆にこのストラテジーだけで大損すれば、それだけで自分の資産残高も大幅に目減りしてしまう。より重症化すると、退場しな選択肢がなくなってしまう。リスクの面から考えると、その手の方法は大損する理由となる。

 

リスクを分散させるためには、3つくらいのストラテジーとそれぞれ異なる通貨ペアを用いてシストレ24に取り組むのが好ましい。大金を一度に失わないためには、このようなリスク分散型の手法こそが一番有効的なのである。

 

レバレッジが過剰になると…

 

一方、レバレッジを自分の余力を超えて利用すると、相場がストラテジーのシグナルにふさわしい方向とは反対に動いた時のダメージが大きいものとなってしまう。

 

レバレッジなしで利益が1万円の儲けを出せるところを、25倍のレバレッジをかければ、手にできる儲けは25万円に飛び上がる。このような話を耳にすると、レバレッジには大きな魅力があると感じることだろう。

 

しかし、これはシグナルが予想している売買の方向に相場が動いた場合の話に過ぎない。反対に動いてしまった場合はどうなるだろうか。

 

損失が1万円のところを25倍のレバレッジにした場合、25万円もの金額を失うことになる。このようにして大損する根源となるのだ。決してレバレッジをかける利点はないと考えても過言ではない。

 

シストレ24で大損するという不幸な結果を避けるためには、証拠金には十分に余裕をもってできる限り自己資金の範囲内ですべての取引ができるくらいのポジション量で参加するのが好ましい。資金的な余裕を持てば、それだけ大損するリスクを和らげられて、退場を余儀なくされる羽目になる確率が大幅に下がる。

シストレ24とは?

 

運営会社:インヴァスト証券

種類:ミラートレーダー(Tradency開発の自動売買、選ぶタイプ)

サービス開始:2011年11月

 

≫口座開設はこちら

※約5分で申し込みが完了。