トレードコレクターは「ほったらかし」で放置しても儲かる?

YJFX「トレードコレクター」は自動売買用のカードを放置しても利益が稼げるのだろうか。ほったらかしにしても儲かるしくみなのだろうか。

 

「寝てても儲かる」ような感覚でシステムトレードに挑みたい人にとっては、そうしたいところだ。しかし、残念ながらそういうわけにはいかない。こまめに運用管理してチェックすることが求められる。

放置してマイナス損益になる場合も

トレードコレクターで放置すると儲からない?

カードクリエイター(要するにストラテジーのこと)にはさまざまな人が登録している。利益を安定的に稼いでいるスーパートレーダーもいるのは事実である。だが、その一方で損するばかりの人も登録しているのも揺るぎない事実だ。

 

1年間に数十~数百パーセントもの利回りを外貨exで実現するスーパートレーダーも存在する。そういった優秀な人に沿った自動売買に参加すれば、トレードコレクターの利用者自身の口座残高が今後も増えていく可能性が高い。

 

一度にドカンと利益が出て終わりではなく、長期的に安定した収入が手に入る確率が高いのは言うまでもないだろう。これがトレードコレクターのメリットである。とはいえ、マイナス損益を連発する登録者も少なからず存在する点もまったく無視できない。

 

マイナス損益になる結果を出すようなカードクリエイターに取引を任せてしまうのは危険であることは間違いない。しかし、場合によってはこれまでは優秀な成績を収めていた人でも、不調な結果を残しやすい時期に突入することも珍しくない。

 

そのような場合、自動売買として選んでいたトレードコレクターのユーザーもまた、損してしまうことになる。もしそうした損しやすい状況になったと判断できた時には、別のカードクリエイターを選び直さなければならない。

 

定期的にチェックこそ重要

 

トレードコレクターをはじめとするFXの自動売買で重要なのは、マイナス損益という不幸な結果を避けることである。そして、それを実践するためには定期的にポートフォリオの運用成績をチェックしなければならない。

 

優秀な成績を収めている分には何の問題もなく、何か行動する必要性は一切ない。そのまま利用継続することがおすすめである。

 

しかし、マイナス損益が続いているような場合は、該当するカードの利用をやめることが求められる。ポートフォリオから除去する行動に出なければならない。

 

損失の原因になっているのであれば、その原因を取り除く。そして、再び利益をもたらしてくれることが期待されるカードを選ぶ直す。これを繰り返していくことによって、優秀な成績を収める登録者だけの手法に沿って自動売買ができ、それに伴って収益も稼げる。

 

したがって、トレードコレクターにおいては「ほったらかし」にして放置するのではなく、定期的に運用状況をチェックすることが重要なのである。