【ループイフダン】スワップポイントは付くの?

FXのシステムトレードの取引シグナル「ループイフダン」にもスワップポイントは付くのかという質問がよくあるが、答えはYESである。


アイネット証券「シストレi-NET」でもひまわり証券の「エコトレFX」のループイフダンのどちらであっても、スワップ金利はポジションを持っていればもらえる・支払う対象となる。


ただし、スワップポイントの受け渡し、支払いはポジションを決済してから行われる。このため、ループイフダンにはスワップ金利の制度が存在しないと思うこともあるかもしれない。だがそれは間違いであり、精算は後から行われる。

スワップポイントの仕組み

  • 金利差で得られる収入
  • ポジションを保有していればスワップの対象となる
  • 他のFXと仕組みは同じ

たとえば、クロス円の場合は、日本よりも政策金利が高い国の通貨を「買い」でエントリーすれば、そのポジションを保有している期間はスワップポイントがもらえる条件を満たすことになる。


逆に野品よりも政策金利の高い通貨を「売り」方向でエントリーした場合、そのポジションを持っている期間は指定されたスワップポイント分の金額を支払うことになる。


スワップポイントの具体的な数値については、それぞれのオンライン証券会社で違う値になるが、仕組みとしては通常のFX取引、あるいはそのほかの自動売買システムとまったく同じである。ループイフダンだからといって、スワップポイントの仕組みがわかるということは一切ない。


スワップ狙いにはおすすめ?

 

スワップポイントによって得られる収入を「ループイフダン」を用いて狙っていくというやり方はおすすめできない。

 

FXの投資対象である外国為替通貨の分野で資産運用するメリットの1つとして、自国通貨よりも金利が高い国の通貨に投資して金利差からの利益を狙うという点が挙げられる。金利差というインカムゲインを狙ってFXにチャレンジする人は決して少数派ではない。

 

金利差を狙う人の中でも、自動売買を用いてスワップポイントを狙う人も存在する。そして、ループイフダンというツールを使う案も思いつくだろう。

 

しかし、ループイフダンを用いてスワップポイントだけを狙うのはまったくおすすめはしない。コツコツ型のシステムトレードの場合、あくまでも視野に入れるのは売買差益によるキャピタルゲインである。「売値-買値」から得られる利益をコツコツを出していくのが特徴となっている。

 

このため、ループイフダンを使って為替取引にチャレンジするのであれば、スワップポイントによる金利差を狙った投資スタイルではなく、売買差益による利益を狙う心構えで取り組むのが好ましい。スワップによる収入はあくまでも「おまけ」という感覚でいるのが良いだろう。

1)アイネット証券

 

 

社名 株式会社アイネット証券(英文名:i-NET Securities Co., Ltd.)

設立 平成15年11月6日

資本金 1,100,000,000円(2010年8月27日現在)

 

≫口座開設はこちら

2)ひまわり証券

 

ひまわり証券【エコトレFX】

 

社名:ひまわり証券株式会社 (Himawari Securities, Inc.)

設立:2002年2月14日

資本金:4,330,028,128円(20415年7月参照)

 

≫口座開設はこちら