FX自動売買では「NISA」は対象外!非課税にはならない!

FXの自動売買に始めて参入しようとしている人にはこのような疑問が思いつくだろう。


「投資金額が100万円以下であれば非課税になる「NISA」はシステムトレードには使えないのか?」


通常は20%の税金が発生するところが0%となるということは、得られた利益がすべて自分の懐に入るというわけだ。メリットが非常に大きいのは確かだ。


しかし、残念ながら「NISA」が適用される対象は株式売買と投資信託などに限られる。FXを含めた外国為替取引には一切使えない。すなわち、FXの自動売買も対象外となってしまうのである。

年間20万円以上の利益で税率20%!

 

FXなどの取引は、法律上は「デリバティブ」という種類に分類される金融取引となっている。このデリバティブは「NISA」の対象ではない。

 

デリバティブ取引によって得られる利益は法律上では「雑所得」となる。一方、株式投資や投信での売買差益や配当金によって得られる利益は「譲渡所得」となっている。

 

今話題の少額投資非課税制度のNISAは、譲渡所得の方に適用される制度である。この点から、FXをはじめとする先物取引などで発生した利益を非課税枠に持っていくことは不可能なのだ。

 

FXの自動売買で利益が1年間に20万円以上になると、確定申告を行って税金を納めなければならない。税率は一律20%である。正確に言うと、復興特別所得税の0.315%も加算されるため、合計で20.315%もの税金が収入から引かれることになる。

 

仮に1年間で利益が20万円であったとする。この時、確定申告の時に収める税額は40,630円(200,000円の20.315%)となる。

 

やっぱりNISA枠を使いたい!

 

しかし、中にはNISA枠を使って非課税になる投資活動を行いたいという人も存在するだろう。そんな場合には、FXの自動売買ではなく、はじめから株式投資を行うことをおすすめする。

 

こまめに取引するデイトレードなどはすぐにNISA枠の上限である100万円の取引金額に達してしまうためまったくおすすめできないが、バイ・アンド・ホールドのやり方であれば何も問題もない。

 

このやり方でNISA枠を使って株式投資に取り組めば、利益が得られた場合には税金を納める必要がまったくない。たとえ20万円を超えたとしても、収益は完全にすべて自分のものとなる。

 

さらに、バイ・アンド・ホールドであればこまめに発注のタイミングを狙う必要もない。1日に1回程度損益状況を確認する程度で問題ない。

 

よって、NISA枠を使って税金を可能な限り非課税にすることを重視したいのであれば、FXの自動売買ではなく、バイ・アンド・ホールドで株に挑戦することをおすすめする。