【投資信託】楽して儲かるのは確実?

証券会社や銀行で販売している投資信託は、ファンドなどに在籍する金融商品取引の専門家に資産運用を任せるための手段である。


これによって、購入者自身は直接取引やポートふぃろ作成の判断をしなくて済み、面倒な手間が省けるというメリットがある。


しかし、投信自体が「楽して儲かる」手段であるという発想は本当なのだろうか。答えはノーであることは、少し仕組みや性質を知れば分かるだろう。

儲かる確率が5割?

 

専門家の判断で資産運用が行われる投資信託であろうと、株式市場などの金融マーケットの値動きが不安定になれば、今ままでも手法は通用しなくなる。そうなれば、評価損益がマイナスになり、損失が増えることとなる可能性が高まる。

 

なので、投信だからとってそれが楽して儲かる手段ではないことを理解したうえで、投信を購入することが求められる。稼げるか、それとも資産が目減りするかは、未来になってみないとわからないのが現状といえる。

 

ところで、マーケットにおける取引を通じて儲かる確率は、単純に考えれば5割である。勝つ可能性も負ける可能性も等しいため、利益・損失のどちらも実現される可能性は50%で半々である。

 

投信であろうと、取引する媒体は株式やコモディディ―(金・銀・原油など)である。よって、資産運用の戦略を立てる専門家が儲けられる確率も5割と、単純に考えればわかるだろう。

 

実力はファンドそれぞれ!

 

ただし、使う投資手法は各ファンドによって異なる。市場の値動きに対応できているファンドもあれば、そうではなく、市場の値動きには適応できていなく、収益力が欠けている機関投資家もある。

 

したがって、戦略による実力は各ファンドによってそれぞれであるといえる。単純計算では、投信でも稼げる確率は5割であるとはいえ、投資手法が上手のところであれば、高い運用成績をたたき出し、巨額の富を生み出す例もある。

 

実力によって損益結果が変わることを考えると、購入者自身にとっては、投信の種類の選び方が収益性のカギとなる。良いファンドを選べば、大きな金額の利益を儲けることができる一方、低成績の投信を買ってしまうと、儲けは少なくなってしまう。

 

直接的に資産運用の戦略を立てて実行するのはファンドマネージャーであるのは間違いない。しかし、それを選ぶのは投信を選ぶ個人であり、その選び方こそが勝ち負けの重要なポイントである。

 

これは、FX取引において近年注目を集めている自動売買(システムトレード)とよく似た性質でもある。

関連記事