【シストレ24】推奨証拠金の本当の目安はいくら?

インヴァスト証券のシストレ24において、各ストラテジーには「推奨証拠金」という欄があって、具体的な金額が示されている。これは、稼働して運用する際に必要となる証拠金の具体的な金額を表すものである。

 

過去の取引データから、ドローダウン幅などを考慮して算出された金額であり、ロスカットにならないための安全ラインという意味合いで示されている金額である。この数値を満たせば、強制ロスカットの基準に達することは低い。

≫インヴァスト証券「シストレ24」の口座開設はこちら

 

※約5分で申し込みが完了。

 

最短で2営業日でログインして取引できるようにある。1週間もあれば、 繁忙期を除いて書類が自宅に届く。


推奨証拠金は保障する数値ではない

とはいえ、実際には「推奨証拠金」以上に投資のための元手となる資金を用意して入金しておく必要はあるといえる。この数値はあくまでも今までの取引実績から算出されたものに過ぎない。

 

ストラテジーの戦略ロジックによっては、過去のは出したことがないほどのドローダウンを発生させる可能性も否定できない。

 

もし、そのようなドローダウンが出た場合、以前に設定されていた「推奨証拠金」の金額をいたしていたとしても、証拠金が不足して強制ロスカットが発令されることになる。

 

そうなると、仮に入金額が推奨証拠金ぎりぎり分しかなかった場合には、口座残高がマイナスになってしまう可能性も出てくる。つまり、借金している状態と同じことになる。

 

そして、証拠金制度の下でぎりぎりまでレバレッジを最大限にかけてシストレ24でポジションを持っていた場合には、一瞬で大損して、最悪の場合は破産という結果になることもあり得るシナリオである。

 

したがって、「推奨証拠金」として示されている金額分だけを事前に口座に入金しておけばいいというわけではなく、投資のための元本資金の最低限度を示す数値でもない。

 

実際はいくら必要?

 

シストレ24での最低取引数量は、ほとんどの通貨ペアで5,000通貨となっている。仮に、5,000通貨だけで取引した場合には、証拠金として求められる金額は最大でも5万円ほどである。

 

ただし、これはあくまでもレバレッジを上限である25倍と考えた場合である。実際問題として、レバレッジを25倍目一杯まで上げて取引するのはあまりにも危険であり、絶対にやるべきではない手法である。

 

そのため、5万円ほどの資金力ではとても不十分である。1つだけのストラテジーを使うにしても、最低20万円ほどはほしいところだ。

 

また、ストラテジーを複数個で同時稼働させるポートフォリオ運用が、シストレ24でのやり方としてはふさわしい。リスクの分散ができるという点から、より収益率を高めるためには、ポートフォリオで資産を運用させるのが、良い戦略である。

 

ただ、この場合はさらに証拠金が必要となる。ポジションを2つ以上同時に保有するやり方となることから、一度に取引する総額は自然と多くなる。そうなると、証拠金の金額も増える。

 

ポートフォリオでの自動売買を考え、さらにレバレッジを低く抑えることを考えると、必要となる証拠金の目安は100万円前後になる。数十万円ではあまり好ましくはないのが現状である。

シストレ24とは?

 

運営会社:インヴァスト証券

種類:ミラートレーダー(Tradency開発の自動売買、選ぶタイプ)

サービス開始:2011年11月

 

≫口座開設はこちら

※約5分で申し込みが完了。


関連記事~今すぐチェック

インヴァスト証券の口座開設の方法と審査!! 簡単or厳しい?
インヴァスト証券の口座開設の流れとかかる日数について。
ミラートレーダー業者BEST5の比較
ミラートレーダーとして最も人気のある5社の長所短所を比較する。
インヴァスト証券「シストレ24」の評価&レビュー
シストレ24ならではの特有の評価のポイントについて
シストレ24の評判とメリット・デメリットとは何か?
シストレ24ならではのメリットとデメリットとは何かを紹介。
シストレ24の必勝法!最強のコツはこのサイクル!
シストレ24を上手く攻略するにはどうすればよい。