【カブドットコム証券】PC電源OFFだと自動売買できない?

カブドットコム証券には「kabu.com API」という自動売買が行えるツールが存在する。ほとんどの利用者は、自動取引に対してはノータッチであり、ほんの一部の人だけが使っているのが現状であるが、この制度を使えば、株式や先物のシステムトレードができる。

 

FXに関しては、自動売買ソフトを導入しているネット証券会社も多く、決して珍しい存在ではまったくない。しかし、株式や先物取引の分野では裁量による場合がほとんどでまだ珍しい。

 

APIの自動売買に対応しているオンライン証券会社も日本国内ではかなり少ない。そんな数少ない業者の1つが、このカブドットコム証券というわけだ。

なぜ不人気?

 

ただし、人気度は高くはない。FXの自動売買の分野で利用者がかなり多いと言われているTradencyの「ミラートレーダー」と比べると、「kabu.com API」はとてもマイナーなツールであるのは間違いない事実である。

 

これには理由があり、それは初心者いとって難しくて理解するのが容易ではないからである。「kabu.com API」の場合、ストラテジーを構成するロジックは自分で作らなければならない。

 

あらかじめ業者側でストラテジーが用意されていて、利用者はその中から好きなものを自由に選んですぐに自動売買をはじめられる「ミラートレーダー」とは対照的である。このため、簡単さという面に欠けるといえる。

 

また、自動売買を継続させるためには、自分のパソコンをすっとつけっぱなしにして動かし続けるか、外部の業者にてVPSと呼ばれるレンタルサーバーを利用しないと取引が止まってしまうのも、不人気の要因であろう。

 

これは、世界的に有名なFXの自動売買の「MT4」にも当てはまる共通点であるが、自分で設備を用意しなければならないという点から、上級者向きとなってしまう。そして、初心者には手が届かないツールとなっているのである。

 

初心者に人気の自動売買とは?

 

逆に言うと、初心者に人気の自動売買ツールといえば、「ミラートレーダー」などの浅学型シストレと呼ばれる種類のソフトである。

 

たとえば、インヴァスト証券の「シストレ24」や、ひまわり証券の「エコトレFX」、FXプライムの「選べるミラートレーダー」などがその例である。

 

最近は、コツコツと利益を積み上げていくタイプの自動売買も注目を集めている。「ループイフダン」や「トラリピ」、「トラッキングトレード」、「iサイクル注文」などがその例である。

 

ただし、いずれもFX取引だけを対象としたソフトである。株式や先物取引にはまったく対応していない。株式や先物に挑戦したい人にとっては、「kabu.com API」の代替手段はないのが現状である。