儲からないことも! 投資での人工知能の利用

近年急速に発達を遂げているのが人工知能(AI)である。さまざまな分野で活用され始めているが、金融の世界ではフィンテックとも呼ばれ、これは資産運用・投資の世界でも利用されるようになり始めている。

 

シェアはまだ一部の機関投資家だけに広がっているとはいえ、数年後には個人でも利用可能になるかもしれない。事実、世界的にシェアを拡大し続けている。

 

金融投資における人工知能を活用することのメリットとして挙げられるのは、過去の膨大なデータを分析して作り上げる自動売買のロジックに関することだけではない。理想的なポートフォリオの作成もできるものがあり、これも利点だ。

しかし、人工知能による投資によるメリットがあるとはいえ、必ずしもそれが直ちに利益につながるわけではない。不確実性の要素が多く含まれる金融市場では、絶対という保証は存在しない。

 

どんな手段を使ったとしても、儲からない可能性が潜在する。魔法のツールとして捉えてはいけないのは言うまでもない。

 

人間による市場の分析や戦略の考案、取引の発注などの作業が省かれるだけであり、あくまでも便利なツールであるだけといっても過言ではない。

 

最終的に、コンピューターによる取引プログラムの良し悪しを判断するのは人間であることには変わりない。

 

また、リスクへの対策も必要となる。大切な元手の資金配分からプログラムの運用管理については、人間の頭で考えたうえで行うことが求められる。

 

将来的には、人工知能にこれらの能力が身に着けられる可能性もあるが、少なくとも現段階ではそれが現実になる可能性は高くはない。だからこそ、リスクを考慮に入れて対策を練る行動は不可欠なのである。

 

以上のことから、人工知能が最強のアイテムであるという間違ったとらえ方をしてはいけない。投資の初心者の中には、誤解しやすい点となっているが、損失を過剰に買開けこまないためにも是非知っておいてほしい知識である。

関連記事~今すぐチェック

こちらもチェック!