エコトレFXでも「人工知能」の利用は始まるか?

外国為替証拠金取引の自動売買ツールとして人気の1つであるひまわり証券の「エコトレFX」であるが、今のところ人工知能を駆使したストラテジーはない。

 

しかし、これからどうなるかは分からない。従来のシステムトレードのようにただ固定化したロジックによるプログラムを使っていくのか、それとも相場の変化とともにロジックそのものも改良が自動的に行われるものが登場するのか。

 

これに関しては、コンピューター技術が激変している現代社会においては予測不可能である。とはいえ、可能性としては十分といっていいほど大きいだろう。

人工知能で何が変わる?

人工知能の技術の進化によって、ロジックは常に変動を繰り返すマーケットの値動きに沿って自動的に改良されるストラテジーが登場したり、より最適なポートフォリオの自動作成が可能になるだろう。

 

ストラテジー選びにおいても、人間に代わって人工知能のシステムによって自動で優秀なストラテジーを選んだり、稼働を止めて別のストラテジーと入れ替えるような機能も登場するかもしれない。

 

よりFXの自動売買が便利なツールになることは誰にでも確信が持てることであろう。あるいは、これまでは、たとえ自動によるFX取引でも勝てなかった人でも収益の増加を実現できる仕組みが整えられるものとなるだろう。

 

大きなファンドなどの一部の機関投資家の間では、既に人工知能を駆使した自動売買システムが確立されていて実践に使われている。さらなる技術の普及が進めば、いずれは「エコトレFX」のような個人投資家向けのソフトでも普及してくるはずだ。

 

これらはもはや時間の問題であると私は考えている。数年後にも、エコトレFXでも人工知能の利用が始まることを期待したい。

「エコトレFX」はひまわり証券の自動売買ツールの名称。2010年4月のサービス開始以降、利用者数を増やしてきた。

 

≫「エコトレFX」の評価&レビューはこちら