目安はいくら? ループイフダンの元手資金の金額

相場のトレンドの方向を予測するだけで、あとは一定の値幅ごとに為替の売買を進めていくアイネット証券の「ループイフダン」であるが、注目されている特徴はこの仕組み上のものだけではない。

 

1,000通貨という少ない建玉数からでもFXの自動売買ができるという点もまた、多くの人から支持されている一因となっている。もともとシステムトレードは大口投資家向けのツールであったため、今現在でも少ない資金で取り組めるところは決して多くはない。

 

実際にループイフダンにおいて必要となる元手の資金の金額はいくらくらいなのか。初期投資に求められる元本の目安について気になる人は多いはずである。

10万円が理想の目安?

ループイフダン
アイネット証券HPより

アイネット証券は日本国内のFX業者であることから、個人での利用の場合にはレバレッジは最大で25倍となっている。

 

物理的には、証拠金として拘束される金額は実際の取引金額の4%ということになるため、1ドル=100円で1,000通貨取引するにはたった2,500円あれば問題ないということになる。

 

とはいえ、これはあくまでも理論的な考えでしかない。損失のリスクを考えると、証拠金がたったの4%分だけしか要らないということを前提に投資に臨むのはかなり危険なことだ。

 

まず、ループイフダンに取り組む際には余裕資金を元手とする必要がある。万が一損失として失っても毎日の生活に何らかの支障が出ない程度の資金で、なおかつレバレッジに頼らずに可能な限り自己資金の範囲内での投資でなければならない。

 

また、複数の売買システムによるポートフォリオ運用を行うことが好ましい。こうなると、取引するのは1,000通貨だけでは足りない。しかも、1つの売買システムでも複数のポジションを持つことになる。

 

これらの現状を踏まえると、最低でも10万円程度の元手(余裕資金)を事前に用意しておくことが口座開設者には求められる。

 

よって、もしこれからループイフダンによるFXの自動売買に挑戦することを考えているのであれば、10万円の元本資金があるかどうか一度確認してみよう。

 

まとめ

 

1)ループイフダンの元手の目安は10万円。

2)物理的には数千円で大丈夫だが、レバレッジには頼らない。

3)リスクに備え余裕資金で取り組むのが重要。

 

ループイフダンであっても、相場のトレンドの方向を一度誤れば少なからずの評価損が発生する。つまり、利益よりも損失が多くなって元手資金が目減りする可能性があるということを意味する。

 

資産運用によって収益を手にする姿だけを想像するのではなく、不都合な局面に遭遇した時のことも視野に入れておくことも大切だ。

関連記事~今すぐチェック

ループイフダンの評判! 何が特徴?
何が評判なのか。特徴についてより詳しく。
アイネット証券「シストレi-net」の評価&レビュー
アイネット証券の自動売買の評価のポイントについて
ひまわり証券「エコトレFX」の評価&レビュー
ひまわり証券の自動売買の評価のポイントについて。
アイネット証券の口座開設の審査にかかる日数とは?
申込み⇒ログインにかかる期間はどれくらいなのか。