ついに登場! 日経225のCFDができる自動売買

これまでは証券会社が取り扱う自動売買(システムトレード)といえばFXだけであり、どれも外国為替を取り扱うものばかりであった。それ以外の金融商品を投資対象とするのであれば、自分で手動で取引するしか方法はなかった。

 

しかし、ついに日経225のCFDを取り扱う自動売買ツールが誕生した。それが、M2Jの「トラリピ」である。正確に言うと、M2Jが日経225CFDを取り扱い始めるとうになって、「トラリピ」も同時に使えるようになった。

 

これによって、自動売買の世界はFXに限ったものではなくなりつつあるといっても過言ではないだろう。毎日のニュースでよく耳にする日経平均株価という株価指数に連動するのが日経225のCFDである。

 

日経平均株価という言葉は、おそらく投資に取り組んでいる人、あるいはこれから始めることを考えている人であればだれもが聞いたことがある言葉であることは間違いない。NHKのニュースでも報道される。

 

この日経平均株価に連動する金融商品を自動売買ツールを使って取引できるのが、今回説明する「トラリピ」であるというわけだ。

仕組みはFXとまったく同じ

日経225の自動売買

「トラリピ」の特徴としては、設定された一定の値幅ごとに新規注文と決済注文を繰り返していく点が挙げられる。シンプルな手法であり、コツコツと利益を積み重ねていくようになっている。

 

数年前にFXの方にてサービス開始されたツールであるが、現在では多くの人から利用されていて、高い評価を獲得している自動売買ツールとなっている。そして、日経225のCFDでもこれとまったく同じ仕組みの自動売買になっている。

 

利用者は自分でエントリーから決済までの値幅の数値を設定することができる。そして、それを稼働させればあとは放置しておいても自動的に売買を行ってくれる。

 

日経平均株価のトレンドを読む取って予測する技術が身につけば、日経225の「トラリピ」において大きな収益を手に入れることが可能になる。

 

もちろん、誰もが簡単に収益を獲得できるというわけにはいかないが、それでも通常の裁量取引よりはあらゆる手間が省け、とても便利なツールであることは間違いない。

 

なお、レバレッジは10倍となっている。 取引単位は1枚(時価×100円)であり、日経225の価格が17,000円であれば、1枚の取引総額は1,700,000円となる。

 

FXと比べると最低取引できる金額が大きいのは確かであるが、レバレッジを利用すれば決して参入障壁が高いとはいえない。1万通貨で取引するFXと同じくらいのものであるといえるだろう。

 

FXにおいて1万通貨で取引できるほどの余裕資金を持っている人であれば、日経225の「トラリピ」でも十分参加できる余力はある。

会社名:マネースクウェアジャパン

商品:日経225証拠金取引(CFD)

審査期間:概ね1週間程度

申込方法:インターネット

印鑑:不要

 

≫口座開設はこちら