確定申告は必要? トラリピでかかる税金とは?

FX取引である「トラリピ」においては、年間で20万円以上の利益が出た場合に限って税金が20.315%かかる。自動売買ツールであるとはいえ、通常のFXの時と税金についての制度は同じであって何も変わりもない。

 

株や投資信託のように源泉徴収ありの特定口座というものは一切存在しない。税金がかかる水準まで利益が出た場合には自分で税務署まで行って確定申告の手続きを行わなくてはいけない。

 

業者側で自動的に税金が取られるという制度がない。年間の損益実績をエクセルなどに出力して納税しなければならず、手間がかかるといえるかもしれない。

評価益・評価損はカウントしない!

 

年間の税金の対象となる期間は年の初めである1月1日から12月31日である。評価益と評価損はカウントされない。既に決済された取引の損益結果だけが課税の対象基準となる。

 

例えば、12月31日現在でトラリピで30万円の利益が出ているが、15万円の評価損(含み損)が発生している場合、納税の基準額は15万円ということになる。逆に、10万円の損失が出たが30万円分の評価益が出ている場合、まだ利食いされていないことから確定申告の必要はない。

 

確定申告の時に申請する金額はあくまでも決済済みのポジションに限られる。口座精算価値ではない。現在保有しているポジションは無視してよいのである。

 

経費も申告できる

 

トラリピを使ってFXの自動売買に取り組む際にはパソコンやスマートフォン、インターネット回線を使用することになる。

 

これらの設備を用意するためには費用がかかるのは言うまでもない。確定申告を行う際には、こうしたトラリピなどのFX取引するにあたって生じた費用を経費として落とすことができる。

 

現実的に、パソコンやスマートフォンはFX取引以外にも使用用途があるためかかった費用の全額を経費することは不可能であるが、その一部は経費として落とせるのは間違いない。具体的な割合を上げると、だいたい2~3割ほどではないだろうか。

 

トラリピに関する知識を取り入れるための書籍代や講座代金なども経費として認められる。これらの場合はFXのためだけにかかった費用ということで全額経費ということになるだろう。