シストレ不可? 「ウルトラFX」にて自動売買はできない!

セントラル短資FXではNDD方式でマイナススプレッドになることもある「ウルトラFX」が注目を集めている。一方、自動売買によるシステムトレードができるミラートレーダーも利用できるFX業者である。

 

しかし、残念ながらウルトラFXで自動売買を行うことは今のところできない。あくまでも裁量により取引でしか利用できず、投資家自身が自分で新規・決済の注文を出していくしかないようになっている。

 

シストレ口座であるセントラルミラートレーダーと独自の自動売買ができるクイックチャートトレードプラスでは、マイナススプレッドにはならない。したがって、自動売買によるマイナススプレッドを体験することはできないのが現状となっている。

ウルトラFXではシストレ不可
マイナススプレッドの例

FXの自動売買の特徴として、どこのFX会社でも取引コストが従来の手動で売買するところよりも多くかかる傾向にある。セントラル短資FXもまた例外ではない。

 

ミラートレーダーではスプレッドが大きめになっている・クイックチャートトレードプラスに関しては、サーバー代がかかることで維持費が発生する。

 

もし、マイナススプレッドになることがあるウルトラFXを利用したいのであれば、自分の判断で取引できるよう、為替市場の知識やテクニカル・ファンダメンタルズ分析の技術を習得するのが求められる。

 

初心者であっても物理的にはウルトラFXをはじめ、裁量による投資活動にチャレンジすることは可能である。株式投資などでは手動に行うのは一般的だ。とはいえ、自分の判断でFX投資に参加することに不安を感じるのであれば、ミラートレーダーなどのシステムトレードからはじめてみるのが良いかもしれない。

 

なお、自動売買であっても資金管理などは自分の判断で取り組まなければならない。たとえ取引の実行そのものは自動であったとしても、それを管理するのは人間であり、これの良し悪しが損益結果に少なからずの影響を与えるのは確かな事実だ。