【ウルトラFX】両建ては可能? 買い・売りから攻める!

ウルトラFXでもまた、両建ては可能である。同じセントラル短資FXのFXダイレクト、セントラルミラートレーダーでも可能になっているが、今回のテーマであるウルトラFXにおいても例外ではない。買い・売りの両方からポジションを持つことができる。

 

マイナススプレッドの時であっても両建ては実践可能だ。ただし、1ポジション最低5万通貨という条件になっているため、両建てを行うとなると10万通貨分の取引を行わなければならない。

戦略的にも両建てできる!

 

ウルトラFXであっても、買い・売りの両方からポジションを同時保有できることから、戦略的な手法として両建てを実践できる。

 

両建ての残念な特徴として、スプレッド幅による影響が受けやすいという点があるが、低スプレッドがセールスポイントとなっているウルトラFXではその影響はかなり小さい。NDD方式でインターバンク直結になっているため、マイナススプレッドにも瞬間的になる例もある。

 

マイナススプレッド時に両建てでポジションを保有すれば、その時点で評価損益はプラスになる。もちろん、その金額はとても小さなものではあるが、利益が発生しているのは間違いのない事実だ。ほかのFX口座ではありえない現象である。

 

たとえ、スプレッドがプラスの場合であっても、ほかのFX会社と比べると小さい傾向にあるため、収益として得られる期待値は大きい。戦略的な両建てを実践する環境としてはかなり良好といえる。

 

ただし、資金力もそれなりに必要になる。ウルトラFXでは最低5万通貨からでしか取引ができない。すなわち、両建ての場合は10万通貨が取引数量の最低限度となる。小口投資家にとっては、その条件は現実的に難しいものであるとなるだろう。

 

仮にレバレッジを上限の25倍でかけることを考えても、10万通貨分の取引を行うということで、米ドル/日本円でさえ50万円前後の証拠金が求められる。もしほかの通貨ペアにも手を伸ばすのであれば、さらに元手資金が必須となり、最低ラインは100万円程度となるだろう。

 

両建てを行う環境が整っているセントラル短資FXのウルトラFXであるが、取引数量の下限がかなり高いこともあり、実際に取り組めるのは一部の投資家に限られてしまう。資金的に余裕がある人こそがチャレンジできるツールと結論付けられる。