【欠点】ウルトラFX、デメリットはやはりこれだ!

セントラル短資FXのウルトラFXは、NDD(None Dealing Desk)といってディーリングデスクを介さないインターバンク直結のFX取引となっている口座である。瞬間的ではあるがマイナススプレッドになる例があったり、レートの透明性が高いといった利点があるのが特徴である。

最低5万通貨

 

しかし、このウルトラFXにもデメリットがある。最低取引数量の条件が厳しいところがあげられる。セントラル短資FXのウルトラFXにおいては、最低5万通貨からでしかFX取引ができない。

 

「FXダイレクト」では1,000通貨から、「セントラルミラートレーダー」では5,000通貨から取引ができることを考えると、この最低5万通貨からという要件は欠点であるといえる。これらでは、10万円ほどの資金があればそれだけで証拠金は足りる。

 

最低取引数量の値が大きいと、小口投資家にとって大きな痛手となる。資金的に余裕がない傾向にある主婦や逆念層にとっては参入が難しい環境となっている。

 

5万通貨となると、証拠金が少ない米ドル/日本円であっても30万円ほどの元手が必要となる。ほかの通貨ペアに取り組む場合には、さらなる資金力が必要となり、具体的にいうと50万円程度の証拠金が1回のFX取引で求められる。

 

したがって、ウルトラFXは大口投資家向けの口座であるといえるだろう。マイナススプレッドや透明性の高いレートが提されるといった特徴を持つが、これは資金的に余裕がある場合に挑戦できるツールであるといっても過言ではない。

 

シストレ不可

 

また、ウルトラFXでは自動売買(シストレ)もできない仕組みになっている。セントラル短資FXでは、「クイックチャートトレードプラス」と「ミラートレーダー」という2つの自動売買ツールが用意されている。しかし、いずれもウルトラFXでは実践することができない。

 

クイックチャートトレードプラスはFXダイレクトでしかできない。一方のミラートレーダーは、セントラルミラートレーダーでしか稼働させることができない。ウルトラFXはあくまでも自分の裁量で発注するしか方法はない。

 

シストレにまったく興味がないのであれば、自動売買には対応していないう点はまったく欠点とは受け止められないだろう。裁量取引が得意が人であれば、問題はまったくない。しかし、裁量によるFXで苦戦した経験がある人であれば、シストレに頼りたい気持ちにもなるかもしれない。そんな時、自動売買に未対応な点はデメリットとなってしまう。