ウルトラFX、必要な資金はいくら? 最低でも200万円!?

セントラル短資FXのウルトラFXにおいて、必要となる具体的な資金の金額はいくらなのか。元手は最低でもどれくらい事前に用意しておくことが求められるのか。

 

ウルトラFXでは、FXダイレクトやセントラルミラートレーダーとは違って、最低取引数量が5万通貨となっている。すなわち、一般的な口座と比べてより多くの資金力が必要となるのは確かだ。

 

通貨ペアによって異なるが、証拠金は5万通貨の場合でも30~50万円程度は求められる。したがって、数十万年の元本だけでは足りない。少額投資は難しい状態である。

 

しかも、これはレバレッジを最大限である25倍まで利用した場合の話である。リスクを考えて例レバレッジでウルトラFXに取り組むとなると、証拠金の下限である30~50万円を超える資金を用意しておかなければならない。

具体的に言うと、最低でも200万円はほしい。FXで安全となれるレバレッジの大きさは2~3倍ほどであると一般的に受け止められているが、これくらいの範囲でウルトラFXに挑戦するとなれば、200万円以上の元手資金がある場合に限り参加可能であるといえる。

 

実際のFX取引では少なくないドローダウンが発生する可能性もあり、含み損が出た場合でも資金に余力が残る環境を作らなければならない。証拠金ぎりぎりで臨んでしまうと、少しのドローダウンで強制ロスカットの基準に達してしまいかねない。

 

また、複数のポジションを同時に保有するというやり方も時には好ましいことがある。2つ以上のポジションを持つ場合、必要となる証拠金の金額は倍になる。こういう時のためにも、資金力には余裕がある状況を維持しておくことが求められる。

 

こうした点から、マイナススプレッドになる例もあるというセントラル短資FXのウルトラFXは、大口投資家向けの口座であるといえるだろう。元手資金が少ない小口投資家にとっては参入が厳しいのが避けられない。

 

もし資金的にあまり余裕がないのであれば、ウルトラFXではなく「FXダイレクト」やシステムトレードである「セントラルミラートレーダー」にチャレンジしてみてはいかがだろうか。前者は1,000通貨、後者のシストレは5,000通貨から取引できる。少ない元手であっても取り組みやすい環境になっているため、小口投資家にとってはかなりおすすめである。