外為オンライン、絶対に「マイナンバー」は要るのか?

外為オンラインにおいて、マイナンバーを提出することは口座開設に必要な条件となっている。したがって、これのコピーを業者側に出さない限りは入金して実取引を行うどころか、審査にさえ進むことはできない。

 

以前は、口座開設時に必要な書類は通常の身分証明書だけで問題はなかった。運転免許証1つさえあれば、それの写しを外為オンライン宛に送れば審査に直ちに進むことができた。しかし、2016年1月1日から証券会社、FX業者でマイナンバー制度が始まったため、外為オンラインでも新規で申し込む場合はマイナンバーを提出することが義務となった。

マイナンバーを提出するといっても、その種類は2つある。個人番号カードとマイナンバー通知カードだ。前者は顔写真が付いているマイナンバーカードであり、後者は顔写真なしの紙の通知書である。

 

実際に外為オンライン宛に送るのはどちらでも問題ない。ただし、可能であれば前者の個人番号カードを用意しておくのがおすすめだ。こちらであれば、提出する身分証明書は1つで済む。表裏の両面の写しをスキャナーでとったデータやデジカメ・スマホ・携帯電話のカメラ機能で撮影したものを送れば、いよいよ審査に入る。

 

一方、マイナンバー通知書の場合はこれとは別に顔写真付きの身分証明書を1つ提出するか、顔写真なしのものを2種類出さなければならない。通知書を選ぶ場合、多くの人は運転免許証を選ぶようだ。

 

これらを送る手段としては、Webアップロード、メール添付、郵送の3つの方法がある。それを使っても構わない。とはいえ、簡単さでいえばWebアップロードが一番良いのではないだろうか。

 

写真のデータを所定のページへアップロードさせるだけで送れるため、紙媒体のコピーを取ったり、メールで送る故の文章を書く必要がない。手間が省けるという点でメリットがあるのではないだろうか。

 

外為オンラインの口座を新たに申し込む場合には絶対に必要になる書類が「マイナンバー」のコピーである。普段の生活ではあまり活用されることは今の段階では少ないが、FXの世界では必ずなくてはならないアイテムであるのは確かだ。

iサイクル注文

 

運営会社:外為オンライン

サービス開始:2014年10月

種類:リピート系

 

≫口座開設はこちら